まつこの庭

私の庭に咲いている花や庭にやってくる鳥や虫たちのことを記録していこうと思います

久々のギャザリング教室

 2ヶ月に1回のギャザリング教室が12月に行われてから春の花苗が出た頃にということでちょっとお休みしていたので、久々に開かれました。みんなコロナウイルス感染を心配してお出かけを自粛していたので、みんなギャザリング教室を楽しみにしていたようです。テラスで庭を向いて1mぐらい間をあけて座り、みんな黙々と作品作りをしました。お茶や昼食の時間は賑やかでした。「6人も集まるとイタリアだったら罰金ものだね。」などとちょっと不謹慎な(?)冗談を言いながら楽しい教室になりました。

 私の作品を前から見ると、

f:id:myuu-myuu:20200327142449j:plain

 後ろから見ると、

f:id:myuu-myuu:20200327142545j:plain

 上から見ると、

f:id:myuu-myuu:20200327142625j:plain

 私の夫が作品を見て、「エレガントな作品に仕上がったね。」と褒めてくれました。

 16種類の花を25ポット使いました。花束を中央に1束、その周りに9束入れました。初めの予定では周りは6束の予定だったのですが、器が思いのほか大きく、更に間に3束足すことになったのです。

 中央の花束の白い花はアザレアで、青い小花はヘリオフィラです。背が高めのピンクの花はローダンセマム・アプリコットスカビオサ、フレンチラベンダー、オダマキです。背が低いピンクの花はデージー、白い小花はスイートアリッサム、薄紫色の小花はワスレナグサヒナソウ、黄色の小花はクリサンセマム・れもんちゃんです。あと花束に入れた葉ものは、ミカ二アデンタータ、ヘリクリサム、ペアグラス、オーストラリアンローズマリー、シンパラリアパリダです。いつものことですが、私は花選びに時間がかかり、完成はいつも最後です。

 参加者の作品です。

f:id:myuu-myuu:20200327145157j:plain

f:id:myuu-myuu:20200327145236j:plain

f:id:myuu-myuu:20200327145305j:plain

f:id:myuu-myuu:20200327145333j:plain

f:id:myuu-myuu:20200327145357j:plain

f:id:myuu-myuu:20200327145422j:plain

f:id:myuu-myuu:20200327145455j:plain

 みんな思い思いにお花を選び、花束を作り、組み合わせていきました。華やかな感じ、爽やかな感じ、可愛いらしい感じ、それぞれの個性が出て素敵な作品に仕上がったと先生からお褒めの言葉を頂きました。

 お昼は先生お手製のちらし寿司を御馳走になりました。

f:id:myuu-myuu:20200327150108j:plain

f:id:myuu-myuu:20200327150128j:plain

 おいしく頂きました。ご馳走様でした。

 次回は5月です。コロナウイルス騒動が収束に向かうといいのですが・・・・。

チューリップが咲き始めました ❣❣

 例年なら原種チューリップは3月下旬、普通のチューリップは4月初旬から咲き始めますが、暖冬の影響か、普通のチューリップがお彼岸から咲き始めてしまいました。

f:id:myuu-myuu:20200324142003j:plain↑ プリンスオブマーベル   ↓ ライトピンクプリンス

f:id:myuu-myuu:20200324142123j:plain

 チューリップは咲く時期によって、4月初旬の早咲き、中旬の中咲き、下旬~5月初旬の遅咲きの3つに分けられます。この2つは早咲きかというと違って中咲きなのです。しかも背丈が40~50㎝ぐらいになるはずなのに花茎を充分に伸ばさずに、20㎝位で花を咲かせてしまったのです。暖冬の影響かも知れません。

f:id:myuu-myuu:20200324142806j:plain 他のチューリップはまだそれほど咲いていません。プランターによっては、チューリップよりビオラの方が元気いっぱいのものもあります。

f:id:myuu-myuu:20200324143103j:plain↑ シレスタ(八重咲き)   ↓ フレミングフラッグ

f:id:myuu-myuu:20200324142929j:plain

f:id:myuu-myuu:20200324143301j:plain↑ アンジェリケ(本来は濃いピンク) ↓ プリンセスビクトリア

f:id:myuu-myuu:20200324143510j:plain

f:id:myuu-myuu:20200324143726j:plain

f:id:myuu-myuu:20200324143756j:plain

f:id:myuu-myuu:20200324143817j:plain

f:id:myuu-myuu:20200324143841j:plain

f:id:myuu-myuu:20200324143921j:plain

f:id:myuu-myuu:20200324143952j:plain お花を見に来た友だちが、「花茎の短い種類のチューリップだと思った。」と言うほど、どのチューリップも背丈が伸びないまま咲いてしまった感じです。ビオラと寄せ植えにするといつもならビオラの上にすくっと背を伸ばして花が開くのに、今年はビオラと背丈が変わらず、ビオラの中に花が埋もれてしまいそうです。

f:id:myuu-myuu:20200324144039j:plain↑ 原種チューリップ・ポリケロマ  ↓ 原種チューリップ・ペルシャンパール

f:id:myuu-myuu:20200324144212j:plain

f:id:myuu-myuu:20200324144248j:plain↑ 原種チューリップ・名前不明の枝咲き(チューリップは普通1茎に1つ花を咲かせますが、2つ、3つと咲かせるものを枝咲きと言います。このチューリップは5つも6つも咲かせています。)

 原種チューリップもまだ半分ぐらいしか咲いていません。

 チューリップの他にもハナニラ、ヒアシンス、ムスカリなどが咲いています。

f:id:myuu-myuu:20200324145048j:plain↑ ハナニラ(ピンクは珍しいです。)   ↓ ムスカリアルメニアカム

f:id:myuu-myuu:20200324145315j:plain

f:id:myuu-myuu:20200324145353j:plain↑ ムスカリ・ダブルマジック  ↓ ムスカリ・ゴールデンフレグランス

f:id:myuu-myuu:20200324145536j:plain 黄色のムスカリは珍しいです。しかも香りがあります。今年初めて咲かせました。

 庭のあちこちでヒアシンスが咲いています。

f:id:myuu-myuu:20200324151041j:plain

f:id:myuu-myuu:20200324151100j:plain

f:id:myuu-myuu:20200324151225j:plain

f:id:myuu-myuu:20200324151121j:plain

f:id:myuu-myuu:20200324151152j:plain 球根植物は地植えにするとどこに何を植えたか忘れる事が多く、しかも掘り返したり、他の植物と一緒に移動したりして、思わぬところで花が咲いて驚かされることがあります。

 

 4月いっぱい楽しめるはずのチューリップですが、2週間近く早く咲き始め、この先どうなるのでしょうか。背が伸びないまま、一斉に花を咲かせてしまい、アッと言う間にチューリップの季節は終わってしまうのでしょうか。










 

春のまつこの庭(1)

 暑さ寒さも彼岸までと言いますが、彼岸前に4月のような陽気になったり、彼岸に入った途端に寒さが戻って来たり、目まぐるしく天気が変化していますが、まつこの庭に春は確実にやって来たようです。ヒメコブシ、ヒガンザクラ、スイセンなどが咲き始めました。ムラサキハナナが大きくなり、花をたくさんつけ存在感を示しています。

 まつこの庭で1番に春を告げるのは八重紅枝垂れ梅ですが、2番目はヒメコブシです。

f:id:myuu-myuu:20200321131918j:plain

f:id:myuu-myuu:20200321131953j:plain

f:id:myuu-myuu:20200321132041j:plain

f:id:myuu-myuu:20200321132105j:plain 咲き始めたばかりで満開になるのはもう少し先でしょう。このヒメコブシはお彼岸の中日(例年は21日)が誕生日の亡き義母が好きな花で、お彼岸の頃に咲きます。義母にとっては自分の誕生日を祝ってくれる花だったのでしょう。

 同じようにお彼岸の頃に咲くのが、ヒガンザクラです。

f:id:myuu-myuu:20200321134912j:plain

f:id:myuu-myuu:20200321133027j:plain

f:id:myuu-myuu:20200321133147j:plain 竹藪の中で頭を出して咲いているので、遠くからしか見えません。竹藪の中で咲くサクラがヒガンザクラと知ったのは、ここ4、5年ぐらい前です。家のものがヤマザクラだと言っていたので、ヤマザクラだとずっと思っていました。サクラの名所に出かけた時に、桜の木肌の模様は二通りあり、普通は横ですが、エドヒガン系のサクラは模様が縦だという事を知りました。さっそく調べてみたら、竹藪のサクラは縦模様でヒガンザクラだということを初めて知ったのです。

 竹藪の中にはなんと10本ぐらいのヒガンザクラがあり、色も濃淡さまざまですが、そのほとんどを竹藪が隠していて庭から見えるのは1本だけで、他は下から眺めるのがやっとで、花を近くで愛でることはできません。

f:id:myuu-myuu:20200321134140j:plain

f:id:myuu-myuu:20200321134221j:plain

f:id:myuu-myuu:20200321134250j:plain ヤマザクラの近くに、コブシの花も見つけました。やはり下から眺めるだけです。

f:id:myuu-myuu:20200321134708j:plain

f:id:myuu-myuu:20200321134737j:plain

f:id:myuu-myuu:20200321134805j:plain ヒガンザクラもコブシも竹藪の中で光を求めて高く高く幹を伸ばして、頭の上の方だけ花を咲かせています。植物の生きる力のなんと健気なことでしょう。

 他にもいろいろな春の花が咲き始めています。

f:id:myuu-myuu:20200321135833j:plain↑ ↓ ユキヤナギ

f:id:myuu-myuu:20200321135918j:plain

f:id:myuu-myuu:20200321135520j:plain↑ ↓ アセビ

f:id:myuu-myuu:20200321135705j:plain

f:id:myuu-myuu:20200321140051j:plain↑ ↓ ツバキ・黒獅子金魚葉 

f:id:myuu-myuu:20200321140120j:plain どちらも同じ木に咲いたツバキの花です。上は牡丹咲きですが下が獅子咲きというそうです。おしべの一部分が花弁化したそうです。しかも葉は金魚葉と言って金魚のような形をしています。今年手に入れたツバキです。

f:id:myuu-myuu:20200321140658j:plain

f:id:myuu-myuu:20200321140807j:plain↑ ↓ 庭のあちこちに群生しているムラサキハナナ

f:id:myuu-myuu:20200321140857j:plain

 スイセンやヒアシンス、ハナニラなども庭のあちこちで咲いています。

f:id:myuu-myuu:20200321141025j:plain

f:id:myuu-myuu:20200321141122j:plain

f:id:myuu-myuu:20200321141102j:plain

f:id:myuu-myuu:20200321141205j:plain

f:id:myuu-myuu:20200321141401j:plain

f:id:myuu-myuu:20200321141441j:plain

f:id:myuu-myuu:20200321141602j:plain

f:id:myuu-myuu:20200321141738j:plain

f:id:myuu-myuu:20200321141820j:plain

 チューリップも咲き始めました。

f:id:myuu-myuu:20200321141931j:plain

f:id:myuu-myuu:20200321141953j:plain

 花が咲くとチョウやハチなども飛んできて、庭は賑やかになります。

 一番心が躍る季節です。草取りや宿根草の植え付け、ランの植え替えなど庭仕事も忙しくなります。お花見のシーズンでもありますが、今年はコロナ騒ぎで自粛です。世話の行き届いていないお花とじっくりとお付き合いすることにしましょう。

 

 

春の洋ラン展

 ここ2、3日4月のような陽気で、少し動くと汗ばむほどです。

 茨城でもついにコロナ感染者が出ました。イタリアからのおみやげコロナです。茨城は大丈夫かなとちょっと根拠のない安心感(?)みたいなものが出て来てちょっと油断しそうでしたが、また気を取り直して感染防止に努めようと思っています。

 近くの花木センターで予定通りラン展が開かれているので出かけました。もちろんマスクをかけて。ラン愛好家団体主催のラン展ですが、去年より作品が少なかったように思いました。コロナの影響のようです。

 今回は、デンドロビュームの出展が多かったように思います。

<デンドロビューム>

f:id:myuu-myuu:20200319161006j:plain↑ クリソトキサム    ↓ アメジストブロッサム

f:id:myuu-myuu:20200319161145j:plain

f:id:myuu-myuu:20200319161222j:plain↑ ユキダルマ・クイーン   ↓ ジェンキンシー

f:id:myuu-myuu:20200319161330j:plain

f:id:myuu-myuu:20200319161414j:plain↑ アノスマス。セミアルバ   ↓ デンシフローラム

f:id:myuu-myuu:20200319161553j:plain

f:id:myuu-myuu:20200319161644j:plain↑ セクンダム   ↓ セクンダム・アルバ

f:id:myuu-myuu:20200319161737j:plain

f:id:myuu-myuu:20200319161813j:plain↑ ブロンカルティエ   ↓ アフィラム

f:id:myuu-myuu:20200319161927j:plain

f:id:myuu-myuu:20200319162049j:plain↑ オリエンタルスマイル

 デンドロビュームの多くは花茎が枝垂れて咲くタイプで、たくさんの花をつけ見事でした。このタイプは初夏咲きというイメージがありましたが、今年は少し咲くのが早いのかも知れません。私の家のものはまだ咲いていません。

<カトレアの仲間>

f:id:myuu-myuu:20200319162346j:plain↑ ラブパッション・オレンジバード    ↓ ボタントップ

f:id:myuu-myuu:20200319162437j:plain 小さな花をぎっしりと付けていました。初めて見るカトレアでした。

f:id:myuu-myuu:20200319162743j:plain↑ レリア・サンタバーバラサンセットショータイム  ↓ スキンネリー

f:id:myuu-myuu:20200319162907j:plain

f:id:myuu-myuu:20200319163003j:plain↑ モッシエ・セルレア   ↓ マキシマ・セルレア

f:id:myuu-myuu:20200319163112j:plain

f:id:myuu-myuu:20200319163154j:plain↑ ワルケリアナ・アルバ   ↓ オーランティアカ

f:id:myuu-myuu:20200319163305j:plain

f:id:myuu-myuu:20200319163406j:plain↑ エビデンドラム・シーナバリナム

<原種コチョウラン

f:id:myuu-myuu:20200319163522j:plain↑ シレリアナ   ↓ マリエ

f:id:myuu-myuu:20200319163615j:plain

パフィオペディラム

f:id:myuu-myuu:20200319164042j:plain↑ ロスチャイルドナム   ↓ ビローサム

f:id:myuu-myuu:20200319164137j:plain

<その他>

f:id:myuu-myuu:20200319164634j:plain↑ バンダ   ↓ マキシラリア

f:id:myuu-myuu:20200319164728j:plain

f:id:myuu-myuu:20200319164822j:plain↑ ブラッシジューム  ↓ アルポフィラム・ギガンティア

f:id:myuu-myuu:20200319164936j:plainこのランも初めて見ました。

f:id:myuu-myuu:20200319165007j:plain↑ シンビジューム・フォアゴットンフルーツ

 このシンビジュームは私も持っていますが、花茎は3本です。

 ラン展を見ていつも思うのは、「どうすればこんなにたくさんの花をつけられるのだろう?」ということです。株の大きさ、花茎や花数の多さ、いつも圧倒されます。

 このラン展は今日19日から22日まで開催予定です。

 

3月の玄関前

 東京で雪が降った日、こちらはみぞれでしたが、桜の開花宣言がありました。1953年の観測開始以来最も早い開花だったそうです。茨城はまだのようです。

 せっかく咲き始めたハクモクレンがここ連日の氷点下の朝の冷え込みで、茶色になってしまいました。ハクモクレンは満開になって散ることができない定めのようです。

 私の家の玄関前の花たちは暖かくなったり、寒くなったりしながらも、元気を取り戻したようです。

 玄関の右側の様子です。

f:id:myuu-myuu:20200316031259j:plain パンジービオラは元気を取り戻し、たくさんの花を咲かせています。

f:id:myuu-myuu:20200305023644j:plain

f:id:myuu-myuu:20200315002121j:plain

f:id:myuu-myuu:20200316031112j:plain チューリップは大きくなり、色が分かるほどつぼみがふくらみました。

f:id:myuu-myuu:20200315002312j:plain

f:id:myuu-myuu:20200315002319j:plain 2、3日前訪れた花友が、「今年はビオラが大きくならないね。」と言ったように、例年ならプランター一杯に広がるビオラが今年は小さいままです。肥料食いのビオラが育たたないということはチューリップに栄養がまわったことなので、さぞかし綺麗にチューリップが咲くことでしょう。

f:id:myuu-myuu:20200316030745j:plain キャンバスプランターの中には、マーガレット、キンギョソウプリムラ、ハナカンザシ、ローダンセマムなど春の花が入り、上にはオステオスペラマムの寄せ鉢が乗っています。

 キャンパスプランターを作ってから3年経ったので、色が褪めたり、汚れたりしたので、色を塗り直しました。花が引き立つようになりました。

 玄関の左側の様子です。

f:id:myuu-myuu:20200316035207j:plain
f:id:myuu-myuu:20200315002146j:plain

f:id:myuu-myuu:20200316031043j:plain↑ ↓ ビオラとチューリップの寄せ植え

f:id:myuu-myuu:20200316035218j:plain 直径60㎝のプランターには30球のチューリップが植えこんであります。

f:id:myuu-myuu:20200315002347j:plain↑ ビオラの寄せ植え  ↓ デージーとオステオスペラマムの寄せ籠

f:id:myuu-myuu:20200315002548j:plain

f:id:myuu-myuu:20200315003058j:plain↑ ↓ ビオラやパンジーの寄せ植え

f:id:myuu-myuu:20200315002206j:plain

f:id:myuu-myuu:20200315003040j:plain↑ ↓ ビオラとチューリップやムスカリなどとの寄せ植え

f:id:myuu-myuu:20200315002226j:plain

f:id:myuu-myuu:20200303000025j:plain↑ ビオラのギャザリングリース  ↓ 12月に作ったばかりのギャザリングリース

f:id:myuu-myuu:20191205222832j:plain ビオラがたくさん花を付けたのはいいのですが、ハボタンや斑入りのヤブコウジなどは半分ぐらいが枯れてしまい目立たなくなりました。

f:id:myuu-myuu:20200316030918j:plain このリースもたくさん花を咲かせたのはいいのですが、プリムラやハボタン、アリッサムはほとんど目立たなくなってしまいました。 

f:id:myuu-myuu:20200315002258j:plain↑ カールドンとスイセン・テタテート

 玄関前で存在感を示していたカールドンが一度消えてしまいましたが、花友の元から里帰りして無事復活し、大株になりました。

 月に1度ぐらい私の庭を訪れるおじさんがいるのですが、昨年の11月頃から顔を見せなくなって、病気でもしたのかしらと心配していました。名前も住んでいる所も知らない人ですが・・・・・。本当に久しぶりに顔を見せてくれました。心配していた通り、病気で入院していたそうです。「いつ来てもお花がいっぱいで心が安らぐねえ。」と言ってくれます。しばらくおじさんの顔を見なかった事で、私もおじさんとお花の話をするのが楽しみだったことに気付きました。

 

 







 











 

早春のラン(1)黒い花のランとデンドロビューム

 コロナウイルスは世界中に広がり、WHOがついにパンデミックを表明しました。

 日本国内でも感染者が増え続けています。次々に大きなイベントは中止になり、自粛モードは日に日に高まっているようです。私の住む茨城は今のところ感染者は出ていませんが、ただただ早くコロナショックが終息することを願うだけです。

 3月になって4月のような暖かい日と冬の様な寒い日が交互に来ていますが、今年の冬は暖冬傾向だったせいか春の花が早く咲き出したようです。

 今回は、温室で咲いている黒い花が咲くランとデンドロビュームです。

 黒い花のランは3種類咲いています。

f:id:myuu-myuu:20200229222043j:plain↑ ↓ フレッドクラークアラ・アフターダーク・ブラックパール

f:id:myuu-myuu:20200220014802j:plain このランは最近のラン展でよく見かけますが、私も4年位前に手に入れたものです。ここ2年は蕾をもっても途中でダメになってしまったのですが、今年は綺麗に開花しました。このランはカタセタム属とクロウェシア属とモルモディア属の3属間交配による人口属だそうです。黒いメタリックな色がいかにも人工的な感じです。

f:id:myuu-myuu:20200224015559j:plain↑ ↓ エビデンドラム原種・メランポルフィレウム

f:id:myuu-myuu:20200224014607j:plain 黒い花が咲くという珍しさに引かれて最近手に入れたばかりのランで、開花して見るとビックリ。花弁のリップが可愛いお人形のように見えるのです。

f:id:myuu-myuu:20200224133134j:plain 可愛い花です。上にある黒い3枚の細長いものがガクで、糸のように細いのが花弁のようです。エビデンドラムの中でもかなり変わった花です。

f:id:myuu-myuu:20200306020804j:plain↑ ↓ シンビジューム・ブラックシャワー

f:id:myuu-myuu:20200306020755j:plain まだ咲き始めたばかりです。つぼみのうちは黒いのですが、開花すると赤味を帯びます。このランも毎年つぼみを沢山持つのですが、途中で折れたり、花がいじけて咲いたり、なかなか思うようには咲いてくれなかったのですが、今年は綺麗に咲きそうです。

 デンドロビュームは、東南アジアを中心に北は日本から南はニュージーランドまで、西はインド西部から東はポリネシアまで広く分布し、約1000種類もあるそうです。日本のセッコクもこの仲間です。

 普通デンドロビュームと言うと、竹の様な節のある茎の節々に花を付けるノビル系と言われるもので、お花屋さんの店先に並んでいるもののほとんどはこれです。

f:id:myuu-myuu:20200209030240j:plain↑ スィートメモリー   ↓ 名前不明

f:id:myuu-myuu:20200203041144j:plain

f:id:myuu-myuu:20200306020841j:plain↑ ユキダルマキング(古い種類です。)

 茎の頭頂から花茎を伸ばして花を付けるものがあります。コチョウランのような花を付けるのはデンドロビュームファノレプシス、略してデンファレといいます。ノビル系は寒さに比較的強いですが、これは東南アジア原産なので寒さに弱いです。

 同じように頭頂から花茎を伸ばして三角形の特徴のある花を咲かせるのが、キンギアナムと言い、オーストラリア原産です。

f:id:myuu-myuu:20200306020700j:plain↑ ↓ キンギアナ

f:id:myuu-myuu:20200211012922j:plain

f:id:myuu-myuu:20200211012946j:plain↑ キンギアナム・レッドスプラッシュ  ↓ キンギアナム・雪うさぎ

f:id:myuu-myuu:20200225013104j:plain

f:id:myuu-myuu:20200225012920j:plain↑ テトラゴナム (別名クモラン)  ↓ アメジストブロッサム

f:id:myuu-myuu:20200308223832j:plain アメジストブロッサムのように、たくさんの花を房状に付けて枝垂れて咲く種類もあります。(このアメジストブロッサムは少ししか花を付けていないので、枝垂れて見えないかも知れません。)

 天気予報では来週にも桜が咲きそうだと言っていますが、我が家の庭の桜が白い花を咲かせ始めました。小鳥が何処からか運んで来たプレゼントで、名前も分からないサクラです。昨年の秋にも少し花を付けました。ヒガンザクラはまだ咲いていません。

f:id:myuu-myuu:20200313000635j:plain

f:id:myuu-myuu:20200313000602j:plain











 

クリスマスローズ(5)

 今、まつこの庭は地植えのクリスマスローズが真っ盛りです。

 私がクリスマスローズに夢中になったのは、今から15年ぐらい前ですが、その頃はまだシングル咲きが主流で色もピンクや白などで、しかも濁った色ばかりでした。初めの頃は鉢植えにして育てていたのですが、八重咲きやセミダブル咲きなどが出てくると、初期に購入したシングル咲きのクリスマスローズを地植えにしました。それらが今大株に育っています。

f:id:myuu-myuu:20200228222355j:plain3株あって、顔を上げると、

f:id:myuu-myuu:20200228222407j:plain

f:id:myuu-myuu:20200228222427j:plain

f:id:myuu-myuu:20200228222453j:plain こんなお花です。色もクリアーでなくやたらそばかすの多いお顔です。

f:id:myuu-myuu:20200228222234j:plain

f:id:myuu-myuu:20200228222242j:plain

f:id:myuu-myuu:20200228222202j:plain

f:id:myuu-myuu:20200228222211j:plain

f:id:myuu-myuu:20200228222630j:plain

f:id:myuu-myuu:20200228222635j:plain やたらにピンク系の大株が多いのは、よりクリアーな色を求め続けた結果で、しかもシングル咲きは丈夫だからでしょう。

f:id:myuu-myuu:20200228222022j:plain

f:id:myuu-myuu:20200228222033j:plain

f:id:myuu-myuu:20200228222044j:plain

f:id:myuu-myuu:20200228222056j:plain

f:id:myuu-myuu:20200228222958j:plain

f:id:myuu-myuu:20200228222950j:plain

f:id:myuu-myuu:20200228223304j:plain

f:id:myuu-myuu:20200228223316j:plain 一時期アプリコット色に夢中になったこともあったので、数多く植えられています。
f:id:myuu-myuu:20200228222823j:plain

f:id:myuu-myuu:20200228222830j:plain

f:id:myuu-myuu:20200228222745j:plain

f:id:myuu-myuu:20200228222731j:plain

f:id:myuu-myuu:20200228222909j:plain

f:id:myuu-myuu:20200228222917j:plain

f:id:myuu-myuu:20200228223030j:plain

f:id:myuu-myuu:20200228223037j:plain

f:id:myuu-myuu:20200228223421j:plain

f:id:myuu-myuu:20200228223427j:plain ダブル咲きやセミダブル咲きもたくさん地植えにしたのですが、シングル咲きに比べ弱いらしく、あまり大株には育たず、どれだけたくさんの株を枯らしたか分かりません。花茎が2、3本でかろうじて花を咲かせているものもたくさんあります。

f:id:myuu-myuu:20200228222519j:plain

f:id:myuu-myuu:20200228222221j:plain

f:id:myuu-myuu:20200228222620j:plain


f:id:myuu-myuu:20200228223327j:plain

f:id:myuu-myuu:20200303221454j:plain

f:id:myuu-myuu:20200303222007j:plain

f:id:myuu-myuu:20200228223448j:plain

f:id:myuu-myuu:20200228222658j:plain

f:id:myuu-myuu:20200228222122j:plain
中には「えっ! こんな花植えたかなあ?」というものもあります。

f:id:myuu-myuu:20200228223134j:plain 色といい、セミダブルの内花弁の形といい、形容しがたい不思議な色や形です。鉢植えだった時の様子が全く思い出せません。

 クリスマスローズには翌年色が変わったり、セミダブル咲きがダブル咲きになったり、その逆であったりすることがよくあります。特に鉢植えから地植えにするとよくこのような現象が起こります。

 今年は暖冬、暖冬と言われながらクリスマスローズの開花が遅れましたが、咲き始めたら一気に咲いた感じです。クリスマスローズの花弁と思われている部分は実はガクなので、色が黄緑に変化はしますが、しばらく楽しめそうです。