まつこの庭

私の庭に咲いている花や庭にやってくる鳥や虫たちのことを記録していこうと思います

晩秋の「まつこの庭」

 冬将軍が駆け足でやってきました。まだ11月だというのに、天気予報では、12月を通り越して年末・年始の寒さだとか1月下旬の気候だとか連日言っていますが、朝晩が特に寒いですね。氷も何回もはりました。季節は1か月先を進んでいるようです。

「まつこの庭」は晩秋というより、もう初冬の庭ですね。

f:id:myuu-myuu:20171125131942j:plain↑ ↓ 大豊作のユズ

f:id:myuu-myuu:20171125132013j:plain

f:id:myuu-myuu:20171125132128j:plain↑ 不作の福来(フクレ)ミカン

 実ものは豊作、不作が1年おきと言われますが、去年は不作の年でした。ユズは不作でしたが、フクレミカンは大豊作でした。したがって、今年はユズは豊作、フクレミカンは不作と言うわけです。フクレミカンは七味唐辛子に入れると味がよいというので、たくさんの人にあげました。枝ごと折ってあげるほどでしたが、今年は数えるほどしか実がなりませんでした。

f:id:myuu-myuu:20171125133320j:plain

↑ カラスウリの実     ↓ ツルウメモドキの実

f:id:myuu-myuu:20171125133005j:plainカラスウリもツルウメモドキも、「まつこの庭」では所かまわず芽を出して、爆発的に増えます。夏の間は手こずらされますが、秋になるとかわいい実をつけて楽しませてくれます。リースを作るのに欲しいと言って、持ち帰る花友もいます。

f:id:myuu-myuu:20171125133619j:plain↑ ドウダンツツジの紅葉   ↓ マンサクの黄葉

f:id:myuu-myuu:20171125133738j:plain

f:id:myuu-myuu:20171125133815j:plain↑ ↓ キク

f:id:myuu-myuu:20171125133905j:plain

f:id:myuu-myuu:20171125133938j:plain↑ キク                   ↓ ウインターコスモス

f:id:myuu-myuu:20171125134016j:plainこのウインターコスモスは、つるバラのアイスバーグを這い上って1.5メートル位の高さで花を咲かせています。鮮やかな黄色の花が目を引きます。

f:id:myuu-myuu:20171125134407j:plain↑ ブルークローバー    ↓ ヒメツルソバ

f:id:myuu-myuu:20171125134520j:plainバラの木の下の陽だまりで咲くかわいい花たちも、あと2、3回寒さがやってくると枯れてしまうでしょうね。

f:id:myuu-myuu:20171125134806j:plain↑ パイナップルセージ   ↓ 季節外れに咲くタカサゴユリ

f:id:myuu-myuu:20171125135700j:plain

 もうすぐ12月、霜枯れの「まつこの庭」は寂しくなりました。これからの季節は、枯れた草花の処分やつるバラの剪定や誘引などで忙しくなります。庭仕事に休みはないのです。むしろこの時期は、あとからあとから出てくる雑草に追いかけられるという心配はないので、気長に仕事ができるというメリットがあります。

 そして何よりこれからの時期は、ランやクリスマスローズの開花シーズンなので、楽しみの方が多いくらいです。庭は寂しくても、軒下や温室の中は賑やかになります。

 

筑波実験植物園・つくば蘭展

 3日連続で我が家の軒下で氷点下の気温を記録しました。皇帝ダリアもエンゼルトランペットもダメになってしまいました。季節は1か月ぐらい先を進んでいるようです。

 花友とつくば蘭展を見に出かけました。

 今回のラン展は、愛好家団体の展示と植物園のランのコレクション展示とランと昆虫の共生を捉えた写真展の3部構成になっていました。とりわけ、新聞やテレビで話題になっている79年ぶりに再発見されたというラン「シマクモキリソウ」が展示の目玉になっていたようです。花友はそれを楽しみに、私はラン展のパンフレットに載っていたバケツランを楽しみに出かけました。

<愛好家団体の展示>

f:id:myuu-myuu:20171122193346j:plain↑ エビデンドラム   ↓ カトレア・ジョージキング

f:id:myuu-myuu:20171122193455j:plain

f:id:myuu-myuu:20171122193558j:plain↑ ミルトニア    ↓ デンドロビューム

f:id:myuu-myuu:20171122193656j:plain

f:id:myuu-myuu:20171122193744j:plain↑ シンビジューム    ↓ セロジネ

f:id:myuu-myuu:20171122193838j:plain

 いつものことながら、愛好家の方たちの栽培技術には驚かされますが、今回はあまり大きな展示品がなく、数も少なかったようなので、ちょっと残念でした。

 

<植物園のコレクション>

 植物園のコレクションは、私が普段見慣れているカトレアとかデンドロビュームのようなランは少ないです。アジアとかアメリカ、アフリカなど大陸別の展示になっています。普段目にしたことのない珍しいランをみることができました。

f:id:myuu-myuu:20171122194011j:plain

f:id:myuu-myuu:20171122194052j:plain

f:id:myuu-myuu:20171122194151j:plain

f:id:myuu-myuu:20171122194233j:plain

 何といっても、今回のコレクション展示の目玉は79年ぶりに再発見された幻のラン「シマクモキリソウ」です。とても小さなランです。

f:id:myuu-myuu:20171122195707j:plain

f:id:myuu-myuu:20171122195739j:plainシマクモキリソウが存在した確かな記録があるのは父島と南硫黄島のみで、1939年以降見つかっていないので、絶滅したと思われていたそうです。79年ぶりに南硫黄島で再発見され、筑波実験植物園で栽培し、開花に成功して、今回の公開となったようです。シマクモキリソウはスズムシソウに似ているそうですが、小笠原諸島で独自の進化を遂げた貴重なランだそうです。

 もう一つ貴重なランが展示されていました。マラクシス・イワシナエというランで、世界唯一の貴重なランだそうです。

f:id:myuu-myuu:20171122200937j:plainバヌアツで筑波実験植物園の調査隊が発見し、1996年に新種として発表されたそうです。隊長の岩科(いわしな)さんの名前に因んで名前が付けられたそうです。このランは現地でもこのラン以外には見つかっていないそうで、筑波実験植物園にあるものが世界唯一の貴重なランという訳です。

 

<ランと昆虫の共生の写真展>

 私が楽しみにしていたバケツランの展示がコレクション展には無かったので、写真展の方に展示されているのかと思ったら、ありませんでした。今の時期は咲いていないという事でした。以前にラン展で見た記憶があったので、期待していただけにちょっと残念でした。               ↓ パンフレットのバケツランの写真

f:id:myuu-myuu:20171122202143j:plain一見食虫植物のような形をしていますが、バケツ状の唇弁(唇のような形をした花弁)の中には水が入っていて、その中に落ちたハチがもがいて外に出ようとするときに受粉する仕組みになっているそうです。食虫植物は植物の栄養源とするために虫を呼びますが、このランは受粉のために虫を呼びます。

 他にも、菌に寄生して土の中で美しい花を咲かせるランやメスのハチと間違えて交尾してしまうランなどが写真で紹介されていました。世界には、受粉させるために虫を惑わす不思議なランがあるものなのですね。

 

 つくば蘭展は、いつ来ても美しいランや珍しいランを見られるだけでなく、植物に関する新しい知識を得られるので、大満足です。一緒に植物園を訪れた花友も、ゆっくりとランや温室の中などを見て、満足したようです。

皇帝ダリアが咲きました !!

 ここ数日12月並みの気候で、私の家の軒下では0℃の日が何日かありましたが、何とか霜の被害を受けずに、皇帝ダリアが咲き始めました。20株ぐらいあるのですが、咲いているのは3株だけで、花は1つだけです。

f:id:myuu-myuu:20171118131458j:plainf:id:myuu-myuu:20171118131405j:plain

 大霜を想定して、つぼみの株を何株か切って水に挿して温室に取り込んでおきましたが、同じ頃に咲き始めました。      ↓ 温室の中で咲く皇帝ダリアの切り花

f:id:myuu-myuu:20171118131815j:plain外の地植えのものより花の色は幾分薄いように感じますが、花数は多いです。温室の中は暖かいので、次々に花が開きました。

 皇帝ダリアを譲ってあげた花友に、枝を切って水に挿しておくと花が咲くことを教えてあげたら、さっそく実行して、花が外より一足早く咲いたことを大喜びで知らせてくれました。私もうれしくなりました。

 鉢植えの皇帝ダリアの八重咲きも花が咲き始めました。普通の皇帝ダリアより半月位遅れて咲くのですが、軒下に早めに取り込んだせいか、早めに咲き始めたようです。

f:id:myuu-myuu:20171118132544j:plain

f:id:myuu-myuu:20171118132718j:plain八重咲きはおしべが花弁化したようで、花弁の形はあまりよくありません。鉢植えなので株がしっかり育たないので、花も貧弱なのかもしれません。花の時期が遅いので、地植えにしては花が楽しめないので、鉢植えにするしかないのです。白の八重咲きもあるのですが、まだつぼみです。軒下に取り込んではあるのですが、果たして咲くことが出来るのでしょうか?

 他にも咲いているダリアがいくつかあります。

f:id:myuu-myuu:20171118133844j:plain↑ 皇帝ダリアのハイブリッド種・ガッツアリア   ↓ 白の大輪ダリア

f:id:myuu-myuu:20171118134204j:plain

f:id:myuu-myuu:20171118134313j:plain↑ ↓ どちらも「涼秋(リョウシュウ)」と名付けられたダリアで、黄色と白の二色咲きですが、同じ株に2種類の咲き方が現われます。

f:id:myuu-myuu:20171118134041j:plain

 皇帝ダリアと一緒に大霜と戦っていたエンゼルトランペットとジンジャーは、ジンジャーは咲きましたが、エンゼルトランペットは次の花がなかなか咲きません。

f:id:myuu-myuu:20171118135018j:plain↑ 見事に咲いたジンジャー  クチナシのような甘い香りを辺りに漂わせています。

f:id:myuu-myuu:20171118135213j:plain↑ 咲きそうで咲けない2つ目、3つ目のエンゼルトランペット

 

 また2、3日後に寒さがやってくる予報で、今度は大霜になりそうです。外の地植えの皇帝ダリアは、つぼみのまま終わってしまうかもしれません。去年の今頃、やっと皇帝ダリアが咲いたと思ったら、11月にしてはめずらしい大雪になって、皇帝ダリアやエンゼルトランペットのつぼみがダメになってしまったことが思い出されます。

 ずうっと暖冬が続いて満開の皇帝ダリアをあちこちで見かけることができたのに、もはや満開の皇帝ダリアを見る夢は叶う事がないのでしょうか?

水戸植物公園・ラン展

 水戸植物公園へ1日だけの展示のラン展へ行って来ました。

 公園の近くの競技場ではサッカーの試合が始まるところで、道路が渋滞していました。競技場の回りは行列ができていました。植物公園の駐車場も一部はサッカー観戦の人の駐車場になっていました。

 小春日和で、公園を散歩するのには気持ちの良い日でした。日曜日のせいか、家族連れも多く見られました。             ↓ 駐車場のアメリカフー 

f:id:myuu-myuu:20171114152136j:plain

f:id:myuu-myuu:20171114152309j:plain↑ ↓ 入り口付近のイングリッシュローズ  秋バラは色が濃くてきれいです。

f:id:myuu-myuu:20171114152514j:plain

 1か月ぐらい前に訪れた時は、カツラの木の紅葉が真っ盛りでしたが、葉がみんな散って裸木になっていました。

 ラン展は展示株が少しで、ちょっと寂しかったです。今の時期のランは少ないので、やむを得ません。同時にボタニカルアート(植物の精密画)も展示されていたのですが、こちらは力作が多数展示されていたので、見応えがありました。(ガラスに光が反射して、写真はうまく撮れませんでした。)

f:id:myuu-myuu:20171114152948j:plain↑ パフィオペディラム    ↓ ミニバンダ

f:id:myuu-myuu:20171114153227j:plain

f:id:myuu-myuu:20171114153737j:plain↑ バルボフィラム・ロスチャイルドナム  ↓ デンドロキラム

f:id:myuu-myuu:20171114154459j:plain

f:id:myuu-myuu:20171114154531j:plain↑ レリア・アンセプス    ↓ ブラッシア

f:id:myuu-myuu:20171114154747j:plain

f:id:myuu-myuu:20171114154951j:plain↑ ブラッソカトレア・カーニバルキッズ   ↓ ブラソリア 

f:id:myuu-myuu:20171114155151j:plain

f:id:myuu-myuu:20171114155306j:plain↑ シンビジューム・イロハイロ   ↓ アングレカム・ラモスム

f:id:myuu-myuu:20171114155432j:plain

f:id:myuu-myuu:20171114155552j:plain

初めて見るランでした。花はまるでタコのようです。珍しいランや初めてのランとの出会いは、ラン展ならではの楽しみです。

 

 ランを見終わって外に出ると、お昼時だったので、家族連れがガーデンテーブルや芝生の上にすわってお弁当を食べていました。芝生の上にミニテントを据えて、その中でお弁当を食べている家族もいました。微笑ましい光景でした。

f:id:myuu-myuu:20171114160211j:plain↑ ヒメリンゴ       ↓ ラクウショウの紅葉

f:id:myuu-myuu:20171114160332j:plain

 さあ次は、つくばラン展です。

 つくば植物園のコレクションのランを見るのが、楽しみです。

  

やっとエンゼルトランペットが咲きました !!

 11月も半ばになってやっと我が家のエンゼルトランペットが咲きました。

 エンゼルトランペットは、和名をキダチチョウセンアサガオと言い、ナス科の植物で、熱帯花木です。熱帯アメリカ原産で、しかも高地に自生しているので、日本の暑さには弱く、盛夏には花を休みますが、気温が下がり始める9月頃にはまた花を付け始めます。10月、11月と霜の降りる頃まで花を咲かせ続けます。

f:id:myuu-myuu:20171111115704j:plain

 昨年は9月に咲いたのに、今年は2か月も遅れました。今年は天候不順のせいか、例年なら2メートル位の背丈になるのに、今年は1メートル位で大きくならず、つぼみもできなかったので、今年は花を見られるずに終わるかと思っていました。

f:id:myuu-myuu:20171111120004j:plain10本ぐらいあるのですが、みんなこんな感じです。つぼみを付ける頃には、枝先が分かれますが、真っすぐのままです。

 11月になってやっと1本だけ枝先が分かれつぼみが見え始めたのですが、いつ霜が降りてもおかしくない状況だったので、半分は諦めていました。

f:id:myuu-myuu:20171111115736j:plainオレンジ色のトランペット型の花をつりさげるように咲き、辺りに甘い香りを漂わせています。つぼみが小さいのを含めてあと10個ぐらいあるのですが、全部咲くことができるのでしょうか?大霜との戦いです。

 昨日の朝、我が家の軒下は0℃でした。庭の場所によっていくらか霜が降りたようで、エンゼルトランペットは大丈夫でしたが、ガッツアリアの葉が一部しもやけ(黒く変色しているところ)になりました。

f:id:myuu-myuu:20171111120334j:plain

 

 珍しい花大好きの私は、今年新発売のミニエンゼルトランペットを買いました。

f:id:myuu-myuu:20171111122221j:plain  正式名称はイオクロマ・キアネウム・トレバーと言い、やはりナス科の植物で、ラッパ型の小花を咲かせることからミニエンゼルトランペットとか、青い色の花を咲かせる(実際の花は紫色)ことからブルーエンゼルトランペットとか呼ばれています。エンゼルトランペットは花の大きさが30㎝位あるのに対して、ミニの方はわずか5㎝位しかありません。ラッパもミニの方は広がりませんし、香りもないようです。。背丈も小さく50㎝位ぐらいにしかなりませんでした。やはり寒さに弱いので、温室に取り込みました。

 天気予報では、あと2,3日後に霜が降りるような寒さがやってくると言っていたので、気温が氷点下になるようなら、エンゼルトランペットはダメになってしまうでしょうね。他にも「まつこの庭」では大霜と戦っている植物がいくつかあります。

f:id:myuu-myuu:20171111124608j:plain↑ 皇帝ダリア  つぼみに色がついてきたのでもう少しで咲くはずです。何本かは茎を切って水に挿して、家の中に取り込みました。こうすれば花が見られます。

f:id:myuu-myuu:20171111124841j:plain↑ ジンジャー  花友から頂いて植えつけたのが遅かったせいか、10月になってやっと咲いたばかりで、もう1本の株にやっと花芽ができたところで霜に遭いそうです。これも切って水挿しすれば、花が咲くのでしょうか?

 

 私の経験では、皇帝ダリアは-3℃位の気温ならなんとか持ちこたえることができるようです。外で皇帝ダリアが咲きましたと報告出来たらうれしいです。エンゼルトランペットやジンジャーも、霜に負けずに咲くとうれしいです。

 

晩秋から春へ 玄関前の模様替え

 今日11月7日は二十四節季の一つ立冬です。今朝はそれほど冷え込まず、比較的暖かな小春日和となりました。明日からの一週間で季節が大きく進むそうで、雨が降る度に気温が下がり、冬に近づいていくそうです。

 5月から10月まで玄関前を彩っていたペチュニアコリウス中心のプランタービオラとチューリップ中心のプランターに入れ替えました。11月から来春の3月頃まではビオラが、それ以降5月の連休ごろまではビオラとチューリップが玄関前を彩ってくれる予定です。

f:id:myuu-myuu:20171107133724j:plain

f:id:myuu-myuu:20171107133928j:plain

f:id:myuu-myuu:20171107134558j:plain↑ キャンバスプランター・晩秋    ↓ ビオラの寄せ植え

f:id:myuu-myuu:20171107134921j:plain

f:id:myuu-myuu:20171107135154j:plainこのプランターには、15個づつチューリップが植えこまれています。水かけ忘れ防止にビオラを1株植えこんであります。ビオラ1株でも30㎝四方のプランターいっぱいに株が広がります。チューリップが芽を出す春まで、冬の間中ずっと咲き続けます。

f:id:myuu-myuu:20171107140315j:plain↑ ビオラの寄せ植え   ↓ ビオラとネメシアなどの寄せ植え

f:id:myuu-myuu:20171107140726j:plain真ん中の大きなプランターには、チューリップが30球植えこんであります。

f:id:myuu-myuu:20171107142455j:plain↑ フリル咲きビオラ   ↓ ウサギ(の耳)ビオラ

f:id:myuu-myuu:20171107142722j:plain

f:id:myuu-myuu:20171107143002j:plain↑ ビオラの寄せ植え   ↓ ネメシアの寄せ植え

f:id:myuu-myuu:20171107153240j:plain

 ネメシアは南アフリカ原産で、種を蒔いて育てる一年草の品種と-3℃程度の耐寒性がある宿根ネメシアと呼ばれる品種があり、最近は宿根ネメシアが多く出まわるようになったようです。宿根ネメシアは高温多湿が苦手で、夏の間は花を休みますが、3℃以上あれば、花が咲き続けるそうです。花色は、白、ピンク、青、黄、赤などがあり、2色咲きもあり、色のバリエーションは豊富です。

 ネメシアのメーテルシリーズは、バニラやチョコレートの香りがあり、花色だけでなく、香りも楽しめます。ネメシアは私の最近のお気に入りの花の一つです。

 

 これからの時期は、花が少なくなり庭も寂しくなりますが、「まつこの庭」ではビオラが冬中ずっと花を咲かせて、玄関前を彩ってくれます。ランやクリスマスローズもシーズンを迎えて、寂しい庭を少し賑わわせ、楽しませてくれます。

 


 

 

 

 

「まつこの庭」・秋のバラ

 11月になってから秋晴れが続き、とてもうれしいです。こんなに晴天が続いていいのかしら?という気分になるのが不思議です。庭仕事がはかどります。

 10月は、真夏のような暑さから冬のような寒さまで、しかも長雨、その上台風が2つも上陸し、北海道では雪まで降り、何でもありの月でした。例年の10月に比べると、降水量は2倍、日照時間は3/4、平均気温は13年ぶりに20℃を切ったそうです。人間にも植物にもあまりよい気候ではありませんでしたね。

 10月は秋バラの季節だったのですが、バラを見に行く予定も週末ごとの雨で中止になってしまいました。「まつこの庭」のバラは、長雨の影響で夏バテから回復する間もなく、葉を落としたままで咲く花もわずかでした。かろうじて軒下のバラが、ポツポツと花をつけてくれました。

f:id:myuu-myuu:20171104131457j:plain↑ バーガンディアイスバーグ     ↓ つるバラ・バレリーナ

f:id:myuu-myuu:20171104131640j:plain

f:id:myuu-myuu:20171104131724j:plain↑ 白花コーネリア(普通はピンク色)  ↓ アプリコット・ドリフトローズf:id:myuu-myuu:20171104132245j:plain

f:id:myuu-myuu:20171104131943j:plain↑ ペーパームーン    ↓ イングリッシュローズ・グレイス

f:id:myuu-myuu:20171104132200j:plain

f:id:myuu-myuu:20171104132445j:plain↑ ボレロ     ↓ 玉藻(タマモ)

f:id:myuu-myuu:20171104132555j:plain

f:id:myuu-myuu:20171104132704j:plain↑ アンティークレース        ↓ つるバラ・キング

f:id:myuu-myuu:20171104133026j:plain↑ このバラは一季咲きで、秋には咲かないのですが、今年は狂い咲きのようです。

f:id:myuu-myuu:20171104132932j:plain↑ 金連歩(キンレンポ)      ↓ アクアポリス・ロマンチカf:id:myuu-myuu:20171104133543j:plain

f:id:myuu-myuu:20171104133505j:plain↑ プリンセス・シャルレーヌ・ドゥ・モナコ  

 

 天気予報の長期予報では、11月は小春日和が続くということなので、バラも回復して、少しは花を見せてくれるといいのですが・・・・。