読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まつこの庭

私の庭に咲いている花や庭にやってくる鳥や虫たちのことを記録していこうと思います

「まつこの庭」・サルビアコレクション

 ここしばらく小春日和が続き、ゆっくりと秋の日を楽しむことができたように思います。その代わり、秋の夕暮れは「つるべ落とし」と言われるほど、日が暮れるのが早いです。庭仕事もなかなかはかどりません。

 今回は、「まつこの庭」に咲くサルビアを紹介します。

 サルビアはシソ科の植物で、オーストラリアを除く熱帯から温帯地域に約900種が分布していると言われます。日本には、ブラジルやメキシコ産、それらの交配種、日本独自の原種サルビアなどいろいろなサルビアが流通しているようです。「まつこの庭」には、約15種類ぐらいのサルビアが、初夏から晩秋まで庭を彩っています。

 サルビアというと夏の花壇の定番の赤いサルビアを思い浮かべますが、そのサルビアはスプレンデンスと言って、ブラジル原産です。ブラジルでは、草丈が1メートルにもなって木のようになり、宿根するそうです。日本では、寒さに弱いため、1年草として扱われます。「まつこの庭」では、スプレンデンスはなく、ほとんどが宿根サルビアで、色も赤、ピンク、白、ブルー、紫、黄、黒など豊富です。サルビアを咲く時期で分けると、初夏から晩秋まで咲き続けるものと秋だけ咲くものがあります。秋だけ咲くものは、寒さに弱いものが多いようです。

 

<初夏から晩秋まで咲き続けるサルビア

f:id:myuu-myuu:20161121183133j:plain↑ コクシネア 「まつこの庭」で唯一種から育つ1年草で、庭中に、しかも1シーズン中に何回もこぼれ種から発芽して花を咲かせます。ピンクの他に赤と白があります。紫色も登場して来春から出回るようです。(青い花トレニア、白い点のように見えるのは白のミズヒキソウ)

f:id:myuu-myuu:20161121174015j:plain↑ チェリーセージ・ホットリップ 寒さに強く庭で冬を越します。    

f:id:myuu-myuu:20161121174907j:plain↑ メドーセージ 青紫色の花が初夏から霜が降りるまで咲き続けます。根が球根のようになって暑さ寒さに強く、とにかく丈夫で困るほど増えます。独特の香りがあります。(薄いピンクの花はフジバカマ

f:id:myuu-myuu:20161121175459j:plain↑ ボックセージ 水色の花を咲かせ、背が高くなり、倒れやすいのが欠点です。

f:id:myuu-myuu:20161121175845j:plain↑ ラベンダーセージ 長さが50センチぐらいの紫の花穂を何本も咲かせます。

 

<秋に花を咲かせるサルビア

f:id:myuu-myuu:20161121180405j:plain↑ アキギリ(ピンクアキギリ)日本の原種サルビアと言われます。ピンクの他に、黄、紫、白のアキギリがあります。寒さに強いです。

f:id:myuu-myuu:20161121180700j:plain↑ ライムライト 緑のガクと紫の花弁が対照的な珍しい色彩のサルビアです。寒さに弱いので、屋内で冬越しします。

f:id:myuu-myuu:20161121181211j:plain↑ ピンクレウカンサ 去年あたりからお店で見かけるようになった新品種です。寒さにはやや弱いので、軒下で冬越しします。

f:id:myuu-myuu:20161121181422j:plain↑ 3色のレウカンサの寄せ植え(ガクが紫で花弁も紫、ガクが紫で葉弁が白、ガクが白で花弁がピンク)

f:id:myuu-myuu:20161121181845j:plain↑ インボルボルタ  頭頂の花だけ形が違っています。寒さに強いです。

f:id:myuu-myuu:20161121182236j:plain↑ パイナップルセージ・ゴールデンデリシャス 普通のパイナップルセージは葉が濃い緑ですが、これは葉が明るい黄緑です。葉はパイナップルの香りがします。寒さに強く庭で冬を越します。

f:id:myuu-myuu:20161121182535j:plain↑ イェローマジェスティ 高さが1メートルを超えます。寒さに弱く屋内で冬越しします。

f:id:myuu-myuu:20161121184105j:plain↑ ディスコロール 花が黒に近い濃い紫です。寒さに弱く、屋内で冬越しします。

f:id:myuu-myuu:20161121182739j:plain↑ フェニックス・ワイン  今年初めて目にして手に入れたものです。他にフェニックス・ピンクレディとフェニックス・ルージュがあります。岐阜県でスプレンデンス(1年草のサルビア)とメドーセージ宿根性サルビア)を交配して生まれた品種で、寒さにやや強い宿根性サルビアだそうですが、簡単な霜よけが必要だそうです。

 

 もうそろそろ大霜が来そうです。寒さに弱いものは、枝を切り詰めて温室にしまいます。切った枝をさし木しても、よく根がつきます。増やして花友におすそわけしたり、別の花苗と交換したりするのも、楽しいものです。