読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まつこの庭

私の庭に咲いている花や庭にやってくる鳥や虫たちのことを記録していこうと思います

「まつこの庭」・冬のランコレクション(2)シンビジューム

 新しい年が明けました。この3日間晴天続きで暖かで穏やかなお正月でした。

 喪中の我が家は、どこへも出かけず、家で静かに過ごしました。

 今年最初のブログは、「まつこの庭」の温室に咲くシンビジュームです。

 現在日本で販売されているシンビジュームのほとんどは、インド、ミャンマー、タイなどの北部山岳地帯に自生していた原種の改良種だそうです。日本や中国に自生する春ランや寒らんもシンビジュームの仲間ですが、栽培方法などが異なるために、東洋ランとして別に扱われているようです。

 シンビジュームは、他の洋ランに比べて低い温度でも生育できるので、家庭でも広く栽培されているようです。

 1980年代、バブルの頃贈答用として、大輪・大型種のシンビジュームが盛んに生産されるようになり、大輪・大型種と中輪・中型種を中心にシンビジュームブームが始まり、1990年代には下垂性のシンビジュームが人気となりました。最近は、大輪・大型種は豪華だけれど場所を取るという事で、やや小型のテーブルシンビジュームやシンビジュームと東洋ランとの交配で生まれた「和ラン」と呼ばれるシンビジュームが人気になっているようです。

 

<大輪・大型のシンビジューム> 高さが1メートルを超えます。。

f:id:myuu-myuu:20170103162901j:plain↑ マリーローランサン(高さが1メートルぐらい。1輪の花も大きいです。淡いピンクの濃淡がマリーローランサンの絵の雰囲気にぴったりです。)

 

<中輪・中型のシンビジューム>高さが50~70㎝ぐらいです。

f:id:myuu-myuu:20170103163340j:plain↑ ワインシャワー      ↓ 神秘 寿羽夢 (しんび すわむと読むのかな?)

f:id:myuu-myuu:20170103163733j:plain   オレンジ色の花弁がめずらしいです。新しい品種だそうです。

 

<小輪・小型シンビジューム>高さが50㎝以下です。花も小さく蜜につけます。

f:id:myuu-myuu:20170103165421j:plain↑ 名前不明(頂いた方の名前をつけてシンビジューム・しずこと呼んでいます。昔から栽培されていた古い種類だと聞きました。)

 

<下垂性シンビジューム> この種類は自然としだれます。白色のサラジーン・アイスキャスケードが有名です。

f:id:myuu-myuu:20170103164058j:plain↑ キャスケード・ピンクシャワー(かすかにピンク色がかります。)

f:id:myuu-myuu:20170103164709j:plain↑ サラジーン・コイヒメ

 

<テーブルシンビジューム> 戦後すぐから栽培されていた小輪系の品種を再改良した品種だそうです。株は小さくても花が比較的大きめのものもあります。

f:id:myuu-myuu:20170103170554j:plain↑ かふぇのあ (名前がわざわざ平がな表記です。)       

f:id:myuu-myuu:20170103170823j:plain↑ 名前不明(リップの形や色のイメージから、私はピーチ姫と呼んでいます。テーブルシンビジュームという名札がついて売られていて、個体名はありませんでした。下垂性タイプのようで、自然にしだれます。)

 

<和 蘭> シンビジュームと春ランや東洋ランとの交配でできた新しいタイプのラン

f:id:myuu-myuu:20170103171130j:plain↑ 大和撫子やまとなでしこ)花弁や葉がほっそりとしていて、色も優しいピンク色で、名前にぴったりです。

 

<原種シンビジューム>

f:id:myuu-myuu:20170103171826j:plain↑ トラシアナム  中国、タイ、ミャンマーの高地に分布し、湿った岩や木に着生するそうです。花茎は1メートルぐらいアーチ状に曲がり、花を十数花つけます。独特の香りがあります。

 

 シンビジュームは種類によっては、花茎が直立したり、自然とアーチ型に曲がったり、下垂したりするものなどがあります。しかし、場所を取るという事でわざと直立させたり、逆に直立するものを見た目が良いという理由でアーチ型やハート型に曲げたり、下垂させたりして売っているそうです。人間の都合で形を変えられる植物もいい迷惑です。我が家では、気ままに咲かせています。きちんと支柱を立ててあげない言い訳だったりして・・・。そうなんです。シンビジュームだけで30鉢ぐらいあるので、とても世話が間に合わないだけなのです。

 シンビジュームはまだ咲き始めたばかりなので、この先とても楽しみです。