まつこの庭

私の庭に咲いている花や庭にやってくる鳥や虫たちのことを記録していこうと思います

ホヤの花 2022-3

 今朝は雨と雷の音で目が覚めました。天気予報では今日は一日曇りのはず、天気の急変があるとの予報でしたが、まさか朝からとは思いませんでした。一時大雨注意報が出ましたが、お昼には解除されました。被害が出るほどではなかったので、久しぶりの雨に今日は水かけから解放されると思って、ちょっとうれしかったです。

 今回は、7月にまつこの庭の温室で咲いたホヤの花です。

↑ ↓ ムルティフローラ・天の川・彦星

 ホヤの多くはつる状ですが、このムルティフローラは木立性です。英名がシューティングスター、和名が天の川と言うだけあって、花が星形なのが特徴的です。斑入り葉のものもあり、織姫と言います。彦星も織姫も今年何度もつぼみをもったのですが、どういうわけか開花せずに終わってしまいました。今回やっと彦星の開花した花を見ることができました。

↑ ↓ カーリー

 カーリーはバレンタインデーの頃にラブラブハートという名前で1枚のハート型の葉が植木鉢に刺されて売っているのをよく見かけると思いますが、それがカーリーです。まさか花を咲かせるとは思わないですよね。葉1枚から根が出ることはないそうですが。花を咲かせたカーリーは葉が丸く大きいですが、こんな葉もあります。

どういうわけか最近は花を咲かせたことがありません。

↑ リモニアカ      ↓ ラクノーサ

 ラクノーサは1度にたくさん小さな花を付けるのですが、今年3回目の開花シーズンを迎えました。

↑ ↓ カルノーサ・パーフェクトグリーン

 カルノーサ・パーフェクトグリーンは何株もあるので、しょっちゅう花が咲いている感じがします。葉は緑1色ですが、斑入りのものもあります。葉の真ん中に斑が入るのを、エキゾチカと言いますが、花はパーフェクトグリーンと同じような花を咲かせます。

 葉の外側に赤やピンクの斑が入るリップカラーも、いくつかつぼみを付けて開花を待っています。

 

 欧米で流行っていて、どこか遠い国の出来事と思っていたサル痘の感染者が、日本国内で初めて確認されたそうです。コロナの急拡大で医療崩壊が迫っているというのに、今度はサル痘、医療現場はますます大変そうですね。