まつこの庭

私の庭に咲いている花や庭にやってくる鳥や虫たちのことを記録していこうと思います

秋の木の実・草の実

 11月も後半を過ぎ、まつこの庭もすっかり晩秋の装いです。木の実や草の実が赤や黄、オレンジ色に熟しています。まだ霜が降りないので、実の色が鮮やかです。

↑ ↓ ユズ

 私の庭には10数本のユズの木があるのですが、今年はユズが外れ年なのか、2,3本しか実を付けませんでした。昨冬寒さのせいかだいぶ葉を落としたユズが多く回復が遅れたのか、それともそろそろ寿命を迎えたのか、原因は定かではないですが、寂しい実の付きかたです。例年花友や親せきに配って喜ばれるのですが、今年はそれが出来ないのが、ちょっと寂しいです。フクレミカンも同様で、実がまばらでした。

↑ ↓ フクレミカン

 フクレミカンは私の住む茨城の筑波地方の特産で、小さな実を付けます。すっぱくて生で食べるのには適しませんが、七味唐辛子の原料となっています。私の庭では、観賞用です。

↑ ↓ シブガキ

↑ ↓ ローヤガキ

↑ ↓ ビナンカズラ(サネカズラ)

 ビナンカズラは俗名で正しくはサネカズラと言い、マツブサ科(以前はモクレン科に分類)の常緑つる性植物で、関東以西の本州、四国、九州、沖縄、中国、台湾に自生するそうです。寒さに弱いので、私の庭では軒下に置いても落葉します。ビナンカズラは昔、茎から出る粘液が整髪料に用いられたことからこの名があるそうです。

↑ ツルウメモドキ  ↓ ツルウメモドキ(手前)とマユミ(中)とサザンカ

↑ マユミ  ↓ 赤実マユミ

 マユミはニシギキ科の落葉低木で、枝がよくしなることから弓を作るのに使われたようで、この名があります。赤い種子を包んでいる仮種子はマユミはピンク色ですが、仮種子も赤いものがあります。どちらも植えた覚えがなく、小鳥のプレゼントのようです。赤実のマユミは今年驚くほどたくさんの実を付けました。

↑ ナンテン  ↓ クリスマスホーリー

↑ バラ・安曇野ローズヒップ

↑ ↓ カラスウリ

↑ ↓ オキナワスズメウリ

 カラスウリは実が青いうちは縞模様があるのですが、熟すと無くなります。オキナワスズメウリは熟しても白い模様が残ります。

↑ ↓ ヤブミョウガ

 ヤブミョウガの実は初めは鮮やかな紺色をしているのですが、時間の経過とともに白っぽく変色します。

↑ ↓ ジュズダマ(別名唐麦)

 ジュズダマは東南アジア原産のイネ科の植物です。実は白、灰色、褐色、黒などに色付き、硬くて光沢があるので、昔はこれを繋いで数珠の玉にしたので、この名があるそうです。食用に品種改良した品種をハト麦と言うそうです。最近はハト麦が化粧水などにも利用されているようです。

 たくさんの木の実、草の実も冬から春の間にはいつの間にかなくなってしまいます。小鳥たちの冬のごちそうになるようです。

 

皇帝ヒマワリと皇帝ダリアが今年も無事咲きました ❣❣

 今朝私の家の軒下で、1℃でした。降霜の予報が出ていたのですが、何とか免れたようです。一昨日から皇帝庭ヒマワリが、昨日から皇帝ダリアが開花を始めました。開き始めた花弁が霜でダメになるかと心配していたのですが、キレイに花弁が開きました。

↑ 皇帝ヒマワリ   ↓ 皇帝ダリア

 皇帝ヒマワリと皇帝ダリアはいずれもキク科の植物でメキシコなど中南米原産の短日植物で、晩秋に花が咲きます。いずれも皇帝の名が付く通り、木立性(茎が木質化します)で高さが2~6mになり、地植えにすると5~6メートルが普通の大きさになります。私の庭では、多少のズレはありますが、どちらも例年11月半ばに開花します。ちょうどその頃は、早霜の頃と重なり、花が咲くかどうかやきもきさせられます。つぼみが霜に遭うと一晩でダメになるのです。今年も無事開花し、ほっとしました。

 皇帝ヒマワリは、ガリバーヒマワリ、メキシコヒマワリ、木立マリーゴールドなどたくさんの名前がありますが、5mぐらいある高く伸びた茎の頭頂に花径8~9㎝ぐらいの大きさの黄色い花を咲かせます。

 せっかく花を咲かせても目の前で花を愛でることが出来ないのです。茎を曲げて目の高さに持ってこないと花を見ることができないし、写真も撮れないのです。

 皇帝ダリアも同様で、木立ダリアとかツリーダリアなどの別名がありますが、5~6mの高く伸びた茎の先に花径18~19㎝ぐらいの紫がかったピンク色の花を咲かせます。校庭ヒマワリの花の倍の大きさがありますが、目の前で花を愛でることが出来ないのは同じです。

今年の皇帝ダリアの花は例年より小ぶりのような気がします。完全に花が開ききっていないということもあるかもしれませんが。

 一足先に1週間前から咲き始めた八重咲きの皇帝ダリアは、今が盛りです。

 八重咲きの皇帝ダリアは花の大きさが一重咲きの皇帝ダリアの花の半分ぐらいですが、たくさん咲けばそれなりに見ごたえがあります。

 私の庭には白の八重咲きの皇帝ダリアもあるのですが、他の皇帝ダリアに比べて成長がやや遅く、やっとつぼみが見えてきたところです。

 今年も白花の皇帝ダリアの花を見るのは難しいでしょうね。つぼみの見えた枝を切って、水に挿し、温室に取り込みました。無事花が咲けばよいのですが・・・・・。霜を心配して早めに切って水挿しした一重の皇帝ダリアや皇帝ヒマワリは花が咲きました。

 あと1週間霜が降りるのを我慢してくれると、満開の皇帝ヒマワリと皇帝ダリアの花が見られるのですが・・・・・。

 

 

ヒイラギの花の咲くころ 2022

 夕方庭に出ると強い香りが漂ってきます。甘さはなくちょっときつめの香りです。香りの主はヒイラギの白い花です。この花が咲くと初冬に入った事を感じます。

 白い小さな花で目立たないので、見逃しやすいです。遠くから見ると花が咲いていることが分かりづらいですが、

近づいてみると白い花が咲いていることが分かります。

 昨年から木全体にびっしりと花を付けるようになり、香りも強烈になり、花を見なくても花が咲き始めたことが分かるようになりました。

 ヒイラギはモクセイ科の常緑小低木で、福島以西の本州、四国、九州、沖縄、台湾の山地に自生しています。キンモクセイの仲間だそうですが、ヒイラギの花は甘い香りはしません。たとえようのない香りで、私はこの香りはあまり好きではありません。ヒイラギは雌雄異株だそうですが、この木は翌年の6月ごろに青く熟した実が見られるので、雌株だと思います。雄株の花は甘く香るのかもしれません。

 ヒイラギは、昨年より2週間ぐらい開花が早かったようです。去年の今ごろは皇帝ダリアや校庭ヒマワリが咲き始めたのですが、今年はまだ咲いていません。あと2、3日かかるでしょう。

↑ 皇帝ダリアのつぼみ   ↓ 皇帝ヒマワリのつぼみ

 しかし八重咲きの皇帝ヒマワリは1週間ぐらい前から咲き始めています。

 八重咲きは一重咲きの皇帝ダリアの花の半分ほどの大きさです。八重咲きと言っても半八重咲きで、一重咲きも混じって咲いています。

 

 背の高さはやはり3mぐらいあり、屋根の上の方で、小さな花をたくさん咲かせています。白の八重咲きの皇帝ダリアもあるのですが、まだつぼみが見えないので、今年も花を見ることはできないでしょう。

 他にもこんな花が咲いています。

↑ バラ・カクテル   ↓ バラ・スイートマザー

↑ バラ・ペーパームーン   ↓ バラ・コーネリア

↑ サフラン  ↓ ネリネ・ダイアモンドリリー

↑ ↓ キク(かがり火弁)



↑ キクの寄せ植え(キクの選定した枝を挿したもの)

↑ ↓ ヒメツルソバ

↑ ↓ キチジョウソウ(吉祥草) 

 キチジョウソウはユリ科多年草で関東以西、四国、九州のやや湿り気のある日陰に群生しています。この花が咲くと吉事があるという言い伝えからこの名があるそうです。葉の根元から10㎝前後の花茎を伸ばし、小さなピンク色の花を付けます。
 私の庭は湿り気が多いので、キチジョウソウにとっては居心地が良いらしく、とにかく増えます。雑草防止には貴重な存在です。根の張りが浅いので置いただけで根付き、増えすぎたときには抜きやすいので、重宝しています。

 ヒイラギやキチジョウソウの花が咲くと、冬の訪れを感じます。

 11月の初めから少しずつコロナ感染者が増え始めていましたが、世間ではやっと第8波に入ったと騒ぎ始めた(?)ようです。2週間後には第7波を超えるだろうとの予想です。いろいろと制限がなくなり、最近はマスクなしの人も見かけるようになり、第8波はどんな風に感染が拡大するのか、感染者数は?どんな変異株が流行するのか?とても不安です。自分でできることで気を付けていくしかないですね。









 

サルビアの花 2022

 秋も深まり晩秋を迎え、まつこの庭では秋咲きのサルビアが盛りを迎えています。

 サルビアは熱帯から亜熱帯に分布し、世界に約900種あると言われています。日本のアキギリもこのサルビアの仲間です。サルビアと言うと真夏に公園や学校の校庭などを彩る赤いサルビアを想起しますが、私の庭のサルビアはほとんどが秋咲きで、メキシコ原産のものが多いです。

↑ ↓ サルビア・マドレンシス・イエローマジェスティ(ファルシシアセージ)

 黄色のサルビアは珍しいと思います。イエローマジェスティはメキシコ原産のサルビア・マドレンシスの園芸種で、高さが2mになります。切り戻すと1mぐらいの高さで花を楽しめるというので、1度切り戻しをしたのですが、枝は増えても高さはやっぱり2mぐらいになりました。耐寒性は-5℃と言われ、戸外で冬越しは難しく、冬は温室に取り込みます。

 サルビアは大抵2つの名前を持っています。イエローマジェスティ(日本での流通名)の場合は、サルビア・マドレンシス・イエローマジェスティが学名で、ファルシシアセージは英名です。学名のサルビアは省略されることが多いようです。ファルシシアは春に黄色の花を咲かせるレンギョウのことで、花が似ているので、この名があるそうです。和名はレンギョウセージと言うそうです。

 これはレウカンサですが、

学名はサルビア・レウカンサで、英名はメキシカンブッシュセージ、アメジストセージ、ベルベットセージとたくさんあります。メキシコ原産で、耐寒は-7℃です。

 これは紫色の苞に紫色の花ですが、

紫色の苞に白い花や

 白い苞にピンクの花もあります。ピンクレウカンサと言っていますが、

学名はサルビア・レウカンサ・フェアリーピンクで、英名はピンクアメジストセージです。サルビアやセージは省略されることが多いので、ピンクレウカンサ、ピンクアメジスト、フェアリーピンクなどいろいろな名前が付いて流通しているようです。

↑ ↓ サルビア・エレガンス(パイナップルセージ、メキシコ原産、耐寒-7℃)

葉にパイナップルの香りがあるので、パイナップルセージの名前で流通しているようです。葉が緑色のものの他にライム色のものもあります。

↑ サルビア・メキシカーナ・ライムライト(メキシカンセージ・ライムライト、メキシコ原産のメキシカーナの園芸種、耐寒-7℃)

↑ サルビア・インボルクラタ(ローズリーフセージ、メキシコ原産、耐寒-5℃)

↑ サルビア・ディスコロール(ディスカラーセージ、ペルー原産、耐寒0℃)花色が黒のサルビアは珍しいです。耐寒は0℃ですが、私の庭では戸外での冬越しは無理なので、温室で冬越しします。

↑ サルビア・ガラニチカ(メドーセージ、メキシコ原産、耐寒-12℃)メドーセージの名で流通していますが、正式な英名はアースセンテッドセージと言うそうです。本来のメドーセージはヨーロッパ、西アジア原産のサルビア・プラテンシスで、どちらも花が青いことから日本で間違ってメドーセージの名で流通したそうです。

↑ サルビア・インディゴスパイヤー(ラベンダーセージ、園芸種、耐寒-12℃)

 メドーセージもラベンダーセージも同じような青い花を咲かせ、初夏から晩秋まで切り戻しをすると花が咲きつづけます。耐寒性もあり、地植えで冬越しできます。私の庭では特にメドーセージが丈夫でとにかく切っても切っても増えます。雑草防止には貴重な存在です。

↑ ↓ サルビア・コクシネア

コクシネアはアメリカ東南部やメキシコなど中南米原産で、英名はブラッドセージ、スカーレットセージ、テキサスセージ、トロピカルセージとたくさんあります。花色も赤、ピンク、白とあります。コクシネアは日本では種まき一年草扱いですが、現地では宿根草です。私の庭では、毎年こぼれ種から育って花を咲かせます。

↑ スーパーサルビア・ゴーゴースカーレット(交配種)

 一見、公園や校庭でよく見かけるサルビア・スプレンデスに似ていますが、スーパーの名前の通り背丈が1mぐらいあります。スプレンデンスより耐寒性があり、温かい地方なら地植えでも越冬できるそうですが、私の庭ではここ3年ぐらい温室で冬越ししています。

 今咲いているサルビアは宿根サルビアと言われてはいますが、メキシコ原産のものが多いので、私の庭では地植えでは越冬できません。霜が降りる頃には温室へ取り込むようにしています。今福神草と並行して温室への取り込み作業をしています。腰を痛めないように労わりながらの作業なので、なかなか仕事がはかどりません。

 













 

 

秋の花

 11月になってからは、10月の寒暖差の激しい陽気が嘘のように、小春日和が続いています。もうすぐ立冬ですが、小春日和が長く続くことを願っています。

 今回は、まつこの庭で今咲いている秋の花です。夏から引き続いて元気に咲いている夏の花もあります。夏よりも生き生きとして色鮮やかのものもあります。

↑ ↓ キク(ポットマム

  

 秋を代表する花と言えば、以前は菊(キク)でした。今では一年中花屋さんの店先に置いてあります。菊と言うとお葬式を連想するからと言って嫌う人がいますが、最近は菊らしかぬ菊が流通しています。

 キクは中国の原種が交配されて今の園芸種につながっているそうです。日本では平安初期には栽培されていたそうです。キクは大きく観賞菊、食用菊、洋菊の3つに分けられるそうです。観賞菊とは、よく菊花展などで展示される大型の菊のことで、食用菊は文字通り食べる菊で、洋菊は1950年代にアメリカで誕生した小型の鉢植え菊で、ポットマムと言い、今の主流だそうです。ポットマムは株が縦に伸びますが、ドーム状にこんもりと花を咲かせるものをガーデンマムと言っているようです。

↑ ガーデンマム・ジジの3色寄せ植え↑ シュウメイギク   ↓ ホトトギス

↑ 黒花ホトトギス    ↓ ホトトギス琥珀

↑ ミニバラ・ドリフトローズ・ピーチ  ↓ 禅ローズ・真宙(まそら)

↑ ハマギク   ↓ ノボタン

↑ ウインターコスモス  ↓ ウインターコスモス・ストロベリーミルク

↑ コスモスミックス  ↓ キバナコスモス

↑ まだまだ元気なヒャクニチソウ  ↓ 温室内で咲くランタナ

このランタナは鉢植えのものが根を下ろして、天井まで伸びて花を咲かせています。

↑ ガーベラの寄せ植え  ↓ マリーゴールドの寄せ植え 

↑ 八重咲きコルチカム   ↓ 秋咲きクロッカス


↑ ジンジャー・白麗   ↓ ジンジャー・名前不明

↑ ダリア・カクタス咲き   ↓ 実生のガッツアリア(3株め)

↑ ↓ 花が終わった福神草

 7月半ば過ぎから約3か月咲き続けた福神草も、気温の低下とともに花が終わり、赤い咲きガラが残りました。まるでこれから咲くつぼみのようです。咲きガラは20㎝前後あり、長いものだと30㎝近くあります。毎日1~3個の花を咲かせますが、最も咲いたものは100個を超えています。

 いつ霜が降りても不思議ではない時期になったので、毎日少しづつ庭のあちこちに植えてある福神草を掘り起こして、温室に取り込んでいます。

 コロナは10月が下げ止まりだったようで、11月になって少しずつ感染者が増えてきたいるようです。第7波は感染者数は多かったですが、死亡率はかなり低かったようです。それでも持病など持っている人のリスクは高く、亡くなった人のかなりの割合を占めていたようです。いろいろな制限が解除され、意識も低くなってきたようで、これからコロナはどうなっていくのか、持病を持つ身としては、不安です。今まで通りの生活を続けようと思っています。

 

久々のギャザリング教室

 私にとっては1年ぶりのギャザリング教室へ行ってきました。ギャザリングの仲間がそろうのは、先生のお庭の草取りボランティア以来で、半年ぶりです。帯状疱疹になり、参加できない人がいたのが残念です。ギャザリングも楽しかったのですが、何より久しぶりのお喋りが楽しかったです。

 作品を玄関に飾ってみました。

 夫が「すごくいい!!」とほめてくれました。

 どこから見ても良いように植え込んだつもりです。右から見ると、

紅葉したヘンリーヅタを後ろから前へ回したのが、ポイントです。

 左から見ると、

正面より華やかな感じで、こちらを正面にしても良い感じです。

 後ろから見ると、

ちょっと手抜き感があります。お花選びに時間がかかり、花友がどんどん作業を進めているのを見ると、どうしても焦ってしまいます。

 紫の宿根アスターケイトウを中心に、アスター2種、サルビア4種、ストック3種、キンギョソウ2種、ビオラ3種、シクラメン、葉ボタン、ユーホルビア、シジムラサキ、斑入りショウブ、ヘデラ2種、ヘンリーヅタなど25ポットの植物が植え込まれています。

 今回のギャザリング教室は5名参加でした。1人は午後から仕事が入ったということで、そそくさと作品を仕上げて帰って行きました。ゆっくりお話ができなかったのが残念です。

 参加者の作品です。

(途中で1人帰ったので、集合作品は4人分です。)

 今回はナチュラルかリースのどちらかを選ぶということだったのですが、全員ナチュラルを選びました。ポット(花器)と花は自由に選び、中央に背の高いユニット(花束)を置き、その周りに少し背の低いユニットを7つ植え込みます。

 私以外の人は皆中心のユニットにダリアを選びましたが、私は一昨年のギャザリングでダリアを選んで失敗したので、今回は別のものを中心にしようと思ったのですが、それがなかなか決まらず、出遅れてしまったのです。濃い紫のアスターケイトウサルビアのユニットを中心に葉ボタン、薄紫のアスターシクラメン、ストック3種、キンギョソウ2種を中心にした8ユニットを周りに植え込みました。予定よりユニットが多くなってしまいました。いつも言われるのですが、今回も同じポットを使っていてもボリュームのある作品になってしまいました。4つの作品が並ぶとよく分かります。ギャザリングの先生からは、皆それぞれの個性が生かされた素敵な作品になりましたとお褒めの言葉を頂きました。

 あとで正面に置いた葉ボタンが背が低く、色も暗いので、目立たず、ちょっと失敗だったなと思いました。夫は「華やかだけど、全体的に調和がとれている。確かに何であんなところにあんな色の葉ボタンを置いたんだと誰でも思うよ。葉ボタンのミスを補っても余りある。」と言ってくれました。救われた気分です。

 

秋のラン 1

 昨日、一昨日は1日中気温が上がらず、12月並みの冬の寒さでした。今日は一転して、どこまでも青空が広がり、暖かな秋晴れの1日となり、気持ちも晴れて、庭仕事日和となりました。休眠から覚めたクリスマスローズに施肥をしたり、ビオラとチューリップの寄せ植えを作ったり、仕事がはかどりました。

 今回は9月、10月にまつこの庭の温室で咲いた秋のランです。今年は9月、10月と咲くランが少なく、寂しく思いました。花が遅れているのではなく、つぼみをもったものが少なかったようです。その中でもコチョウラン不定期に咲くものが多いので、いくつか花を見ることができました。写真を撮る前にカタツムリに食害されて、見るも無残なものもあります。

↑ ↓ 原種コチョウランビオラセア

↑ ↓ ミディコチョウラン

↑ ミニコチョウラン   ↓ 大輪コチョウラン

 ビオラセアはスマトラ、ボルネオ、マレーに自生します。香りがあります。

↑ カトレア・イーグルアイ   ↓ カトレア・チョコレートドロップ

 チョコレートドロップも花弁をカタツムリに食害されています。↑ ↓ 原種オンシジューム交配・カリヒ

 カリヒは原種オンシジュームのクラメリアナム(アンデス山脈の西側、コスタリカパナマなどに自生)とパピリオ(アンデス山脈の東側、コロンビア、ブラジルなどに自生)の交配種です。親同士そのものがよく似ていて、その子カリヒもよく似ています。普通オンシジュームと言うと1㎝ぐらいの小さな黄色い花をびっしりと付けるものを思い浮かべると思いますが、これは丸い花弁から触角の様な花弁まで15㎝ぐらいある大きな花を付けます。花茎は1mぐらいあり、この茎は枯れずに毎年同じ茎に花を1つずつ咲かせます。私の家のカリヒは1株に2本の茎があり、交互に花を咲かせます。2か月の間に3個花を咲かせました。写真で見ると3つの花は花弁の形や長さ、模様に微妙な違いがあるのが分かります。いつ見ても不思議な形をした花だなあと思います。

↑ ↓ マキシラリア・シュンケアナ(ブラジル原産)

 シュンケアナは、背丈が15㎝ぐらいの小型のランで、、花も小さく花径2㎝ぐらいです。しかも花色が黒なので、花が咲いても見逃しやすいです。花は株元に1輪ずつ、全体で10輪ぐらい花を付けているのですが、遠目では花が咲いていることが分からないほどです。

 10月ももうすぐ終わり、秋も終盤です。10月23日は二十四節気の一つ「霜降」、11月7日は同じく二十四節気の一つ「立冬」です。秋が深まり、冷え込みが増し、冬の訪れがスピードを上げてすぐそこまでやってきているようです。