まつこの庭

私の庭に咲いている花や庭にやってくる鳥や虫たちのことを記録していこうと思います

ホヤの花 2022-2

 6月27日に関東地方などに梅雨明けの発表がありました。史上最速、最短の梅雨明けだったそうです。平年より22日も早く梅雨明けし、これは1951年からの統計史上で最も早く、梅雨の期間は21日間で平年の半分でこれも史上最短の記録だそうです。連日電力逼迫注意報が出るほどの猛暑で、各地で熱中症による緊急搬送が相次いでいるそうです。まだ6月だというのに、この先が思いやられます。それでなくても物価高やまた拡大しそうなコロナで日々の生活が大変だというのに、それに加えて、今夏は、水不足、電力不足の長~い猛暑になりそうです。

 今回は6月に咲いたホヤの花です。

 4つとも全部プビカリクスの仲間です。

↑ 上側の左のプビカリクス   ↓ 上側の右のプビカリクス

同じプビカリクスでも花色に濃淡があります。

↑ 上の花がプビカリクス、下はプビカリクスの変異種でロイヤルハワイアンパープルです。同じ鉢に2種類のプビカリクスが植わっていたようです。

 2種類のプビカリクスの他にレッドボタンという名のプビカリクスもあって、今年初めてつぼみを持ち、開花を楽しみにしていました。

 真っ赤な花を期待していたら、花が咲いてみたら、ロイヤルハワイアンパープルと同じ花でした。

↑ プビカリクス・レッドボタン  ↓ プビカリクス・ロイヤルハワイアンパープル

 私には同じ花に見えます。期待が大きかっただけにちょっとショックでした。レッドボタンはもう1株あるので、それに期待することにします。

 ホヤ・カルノーサも次々に花を付けました。

↑ ↓ カルノーサ・パーフェクトグリーン

↑ カルノーサ・バリエガータ   ↓ カルノーサ・リップカラー

 バリエガータはカルノーサ・パーフェクトグリーンの葉の真ん中に黄の斑が入りますが、花色はパーフェクトグリーンとほとんど変わりません。パーフェクトグリーンの葉の縁に黄の斑が入ったものをバリエガータと言いますが、その斑がピンクや赤に変わったものをリップカラーと言います。花は赤みを帯びた濃いピンクです。

 葉はパーフェクトグリーンとほぼ同じで紫色がかった花を咲かせるのが、カルノーサ・パープルです。パーフェクトグリーンの花は内花弁が外花弁より濃い色をしていますが、パープルは内花弁が外花弁とほぼ同じ色をしています。

 パーフェクトグリーンの葉が巻いているのが、コンパクタです。
↑ カルノーサ・コンパクタの葉とつぼみ   ↓ コンパクタの花

 1つ1つの花はパーフェクトグリーンとほぼ同じですが、花色がピンクのグラデーションになっていて少しウエーブがかかっています。なにより違うのは花の集まりが小さいところです。パーフェクトグリーンは大きいものだと10㎝ぐらいになりますが、コンパクタはその半分ぐらいです。名前の由来はそこにあるのかもしれません。

↑ パキクラダ    ↓ ゴールデンマージン

↑ ↓ マチルダ

 マチルダは花は白ですが、形や大きさはカルノーサに似ています。マチルダカルノーサの交配種だそうです。

 今、ホヤ・カーリーがつぼみをもっています。カーリーというのはハート形の葉をもつホヤです。バレンタインデーのころ、ラブラブハートという名で売られているあの葉です。花が咲くと聞いてびっくりする人も多いと思います。織姫や彦星というホヤもつぼみを持つのですが、開花に至りません。暑さが原因かもしれません。今年の夏は人間だけでなく、植物にとっても過酷な夏になるでしょう。

 

 PCを新しくするので、またちょっとブログをお休みします。



 

つくば夏の洋蘭展

 連日30℃を超え、今日などは私の家の軒下で35℃を記録し、まるで梅雨明けしたような猛暑です。気象予報士の予想では、来週早々に梅雨明け宣言が出るのではないかと言っていました。6月中に梅雨明けするのは、異例のことだそうです。観測史上最速の梅雨明けになるかもしれないそうです。今年は空梅雨になりそうですね。

 19日から26日まで筑波実験植物園で、つくば洋蘭会主催の夏の洋蘭展が開かれているので、見に行って来ました。シルバー世代は入園料が無料なのがうれしいです。

 時節がらカトレア・パープラタがたくさん展示されていました。いつもながら愛好家が丹精込めて大株に仕立て、たくさんの花を付けているのに驚かされます。

↑ ↓ カトレア・パープラタ

↑ ↓ カトレア・パープラタ

↑ パープラタ・カーネア   ↓ パープラタ・ワークハウゼリー

 パープラタは私の好きなカトレアの一つです。私の温室では、今年はパープラタはルビーしか咲いていないので、パープラタがたくさん見られてうれしかったです。

 パープラタの血を引き継いでいる交配種のカトレアやパープラタに似たカトレアも今が花の時期なので、たくさん並んでいました。

↑ パカビア     ↓ テネブロッサ・オーレア

   ↑ ロバータ・ジェニー

↑ デンドロビューム・シルシフローラム  ↓ スタンホペア

 スタンホペアは植物園で育てられている印象がありましたが、個人で育てて見事に開花させているのに驚きました。珍しいランとの出会いがあるのも、ラン展の魅力です。

↑ ↓ バンダ

↑ ミニアタム    ↓ セロジネ・パンドウラタ

↑ ↓ パフィオペディルム

↑ シネンシス(和名ネジバナ

 ラン展に出かけたのは、去年の秋以来です。ランの季節がやってくるとあちこちで開かれるラン展へ(遠くは東京まで)足を運んでいましたが、コロナ以来、めっきり足が遠のきました。東京のラン展は電車で行かなければならないので行けないし、近場のラン展は行きたくても開催されません。唯一つくばラン展なら車で出かけられますし、去年の秋も、今回もちょうどコロナ感染者が減少している時期と重なりました。やっぱりランはいいなあと思います。40年近くのお付き合いですから。

 それにしても、いろいろな花に興味を持ち過ぎて、ランの世話が疎かになっていることに気付き、反省するばかりです。展示されているランを見て、あのランもあるのに咲かないでしまった、あのランもあったのに枯らしてしまった、もっと手をかけてあげれば、私の温室のパープラタも花を咲かせたはずなのにと・・・・・。








 

初夏の庭 4

 今、梅雨の中休みだそうですが、連日30℃を超え、まるで梅雨が明けたかのような暑さです。梅雨の時期は軒下や温室などを除けば、本来それほど水かけが必要ないのですが、今回はそうはいかず、毎日のように水かけに追われています。

 まつこの庭は、初夏の花でいっぱいです。

↑ 今が盛りの遅咲きのバラ・ドロシーパーキンスのアーチとアジサイの花と斑入りムラサキシキブ(手前の白っぽい葉)

 夏至のころの私の庭は、あちこちでハンゲショウの葉が白く色付いています。

 ハンゲショウの白い部分は花と思われがちですが、花は垂れ下がった部分で、白い部分は葉です。花が咲くころ葉が白くなります。ハンゲショウの名は二十四節気の一つ、半夏生のころに葉が白くなることからこの名があるそうですが、私の庭では一足早く夏至のころに白くなります。

 また、ハンゲショウドクダミ科の植物で、ドクダミの仲間です。

 私の庭では、今ドクダミも花が真っ盛りです。あちこちに群生しています。

↑ サルビア・クラリーセージとヘメロカリスとシャスターデージー

↑ スカビオサ(青紫の花)とブラックレースフラワーとバーバスカム

↑ ブラックレースフラワー    ↓ バーバスカム・ウエディングキャンドル

↑ 三尺バーベナアスチルベと白バラとヘメロカリス

↑ 白バラ(名前不明)  ↓ ヘメロカリス

↑ ↓ アスチルベ

↑ トリトマ   ↓ テッポウユリ

↑ ヘメロカリス     ↓ アカンサスモーリス    


 アカンサスは、地中海沿岸、熱帯アジア、熱帯アフリカに約30種が自生しているそうです。熱帯産ですが、耐寒性が強く、私の庭でも冬季は地上部はなくなりますが、越冬します。高さが2mぐらいになる大型の宿根草です。

↑ シャボンソウ(サポナリア)  ↓ ハタザオキキョウ

↑ 二重咲きホタルブクロ・パンタロン   ↓ ラベンダー・グロッソ

↑ ↓ サルビア・プレヤナ

 サルビア・プレヤナは中国雲南省原産のサルビアです。今春初めて手に入れました。黄色とワインレッドの色の組み合わせが珍しいと思い、珍しい花大好きの私はすぐ買ってしまいました。日本のキバナアキギリに花が似ていると思いました。冬は地上部が枯れるそうですが、耐寒性があり、越冬するそうです。それもアキギリに似ています。


↑ ギボウシ寒河江の花  ↓ オオバギボウシのつぼみ

どちらのギボウシも株周りが1mを超える大株です。寒河江は花茎が太いので花が咲いても倒れませんが、オオバギボウシは花茎が細いので、花が咲くと倒れて暴れます。

 

 コロナ感染者が減ってきたと喜んでいたら、5日連続で前の週より微増しているそうです。また増加に転じるのでしょうか。去年の第5波の後は、東京は2桁まで減少したのに、今回は3桁まで減少したのですが、4桁に戻ってしまいました。茨城も同様な傾向のようです。まだまだマスクを外せそうにないですね。

 

アジサイを見に

 6月に入ったと思ったら、もう半分以上が過ぎ去りました。PCのメンテナンスのためにブログの更新が遅れました。10日近くブログの更新がなかったので、具合でも悪いのかとご心配おかけしました。諸事情を考え、PCは新しくすることになりました。月末にまた少しブログをお休みすると思います。

 やっとコロナの感染者が減ってきたので、アジサイを見に、千葉の茂原にある服部農園あじさい屋敷に出かけました。趣味の園芸のテキストに紹介されていたので、梅雨の合間にと思い、昨年の10月のダリア以来のお花見ドライブでした。私の住む茨城からは圏央道が全線開通していれば楽に行けたのでしょうが、ナビに従って三郷経由で行きました。途中渋滞などあって、着いたら11時を過ぎていて、すでに人でいっぱいでした。梅雨の晴れ間、人は皆同じようなことを考えるのですね。

 庭から山の斜面一面がアジサイで埋め尽くされ、圧巻でした。

 あじさい屋敷は平成4年から植栽が始まり、30年をかけて、庭から山の斜面に約250品種、約10000本が植えられているそうです。昔からあるアジサイはもちろん山アジサイ、西洋アジサイアメリアジサイ、手毬咲き、ガク咲き、一重咲き、八重咲き、斑入り葉アジサイなどいろいろなアジサイが植えられているのには驚きました。真っ赤な八重咲きのガクアジサイやポップコーンのようなカシワバアジサイが印象に残りました。山の頂上に遠く紫色のアジサイがたくさん植わっていたのが気になりましたが、近くで見られなかったのが残念でした。頂上へ通じる小道は雨上がりの後で滑るので、通行止めで、途中までしか上がれなかったのです。

 たくさんの種類のアジサイを堪能できました。

 

初夏の庭 3

 梅雨入りしたものの、いつもの梅雨とは何かイメージが違う、そんな感じです。私の住む所は、1日中雨だったのは梅雨入り初日だけで、あとはほぼ1日中曇り、雨が降っても夜だけ、時折日が差し、しかも梅雨特有のじめじめした蒸し暑さもなく、むしろ過ごしやすい感じです。そう感じるのは私だけでしょうか?

 まつこの庭は、草がどんどん伸びて来て草取りが大変ですが、初夏の花も次々に咲いてきています。毎朝庭に出るのが楽しみです。

↑ ヘメロカリス   ↓ カンパニュラ

↑ キャットミントとモンシロチョウ    ↓ オルラヤとクラウンベッチ

手前がオルラヤ、後ろがクラウンベッチ、青い花はカンパニュラです。

 今年はオルラヤが花期が長いです。種になっているものもあるというのに、後からこぼれ種から芽が出たものは、今頃花盛りです。

↑ ヒペリカム

↑ ↓ サツキ

↑ ↓ サツキ

 サツキは昔から庭に植えてある古い種類で、日陰になってあまり花が咲きません。世話らしい世話もしないのに、ぽつぽつとまばらですが健気に咲いてくれます。

 アジサイも咲き始めました。

↑ ↓ アジサイ・名前不明(山アジサイ系?)

↑ カシワバアジサイ

 遅咲きのバラやクレマチスもいくつか咲いています。

↑ ↓ イザヨイバラ(十六夜バラ)

 中国原産で、葉がサンショウの葉に似ていることから中国サンショウバラとも呼ばれています。花は一部が欠けて丸くならないことから、満月の一部欠けた十六夜の月に見立ててこの名が付いたそうです。日本原産のサンショウバラから遅れて咲きます。

↑ ピエール・ドゥ・ロンサール  ↓ ブラン・ピエール・ドゥ・ロンサール

ピエール・ドゥ・ロンサールはつるバラで、ブランピエール・ドゥ・ロンサールピエール・ドゥ・ロンサールの枝替わりで色が淡いピンクです。

↑ ↓ ドロシー・パーキンス

バラの中では最も遅く咲くバラと言われています。日陰に強いバラとも言われますが、カリンの木が大きくなって日が当たらなくなってしまい、花付きが悪かったです。株が育って、花はそこそこに咲くようになりました。


 クレマチスは今の時期、ジャックマニー系やチューリップ咲きのものが多いです。

↑ ビクトリア   ↓ ミケリテ

↑ ニオベ  ↓ ダークアイズ

↑ エール・福島   ↓ プリンセス・ダイアナ

エール・福島とプリンセス・ダイアナはどちらもチューリップ咲きで色合いも似ているので、ラベルがなかったら私には区別がつかないと思います。

 夏になると草が伸びることが憂鬱ですが、それ以上に虫たちには困ります。

 私にとっての夏の三大害虫は、ムカデ、スズメバチ、カタツムリです。以前はカタツムリではなくヘビだったのですが、最近はヘビはあまり庭に出現しなくなり、替わってカタツムリの大発生です。去年は6月頃から気付いたのですが、今年は5月からです。5月頃にカタツムリは卵から孵るようです。大きくならないうちにと駆除しています。スズメバチは4月の終わりごろからトラップを仕掛けるので、巣を作られることはなくなりました。ムカデも植木鉢を動かすときは、必ずムカデが潜んでいるものと思い、凍殺ジェット(瞬間的に凍らせる殺虫剤)を用意するようになったので、以前ほど怖い思いはしなくなりました。

 一番困るのは、家が昔の造りの隙間だらけの家なので、家の中にムカデが侵入することです。家のあちこちに凍殺ジェットを用意して遭遇すると即・・・・という感じですが、寝ているときに刺されるとどうしようもありません。腫れ方が普通でないので、病院へ行きます。お医者さんがこの腫れ方はムカデでしょうと言うので、刺されているところを見たわけではないので確証はありませんが、おそらく刺すのは小さいムカデのようです。一昨日の夜中に左手を刺されてグローブのように腫れあがり病院へ行ったら、お医者さんにも薬局の薬剤師さんにも、「去年の今頃、やっぱり虫刺されで来てますね。」と言われるほどです。私の夏の夜中の虫刺されは年中行事のようになっています。それにしても夫と同じ部屋に寝ているのに、私だけ刺されるのが不思議です。

 

初夏のラン

 九州など西日本が梅雨入りしていないのに、関東地方は一足早く昨日梅雨入りしたようです。平年より1日、昨年より8日早いそうです。昨日は梅雨寒(つゆざむ)と言う言葉がぴったりの4月並みの気温でした。今日は昨日よりはいくらか気温が高いですが、梅雨時特有の蒸し暑さは全く感じられません。

 今回はまつこの庭の温室で咲く初夏のランです。

☆☆☆ カトレアの仲間 ☆☆☆

↑ インターメディア・イロラータ (インターメディアはブラジル大西洋岸の海岸山脈に自生しています。イロラータは細い花弁と優しい色合いが特徴的です。)

↑ ラブパッション・オレンジバード   ↓ カーハンミア

↑ ↓ スターガーデン

緑と赤の組み合わせが初夏らしい色合いです。中輪の花が5輪咲きました。

↑ パープラタ・ルビー 

 パープラタはブラジル南部の海岸に自生しています。リップ(唇弁)は実物はもっと黒い赤です。パープラタは初夏を代表するカトレアで、色のバリエーションが様々で、私の好きなカトレアの1つです。

 このルビーを手に入れたのは、今から20年ぐらい前になります。そのころはパープラタに夢中になっていて、雑誌で見たルビーが欲しかったのですが、近くのラン屋さんにはなく、東京ドームのラン展でも手に入らず、半ば諦めていました。家族旅行で房総へ出かけた時にそこのラン園に寄ってみたのですが、そこにもありませんでした。私と園主の話を聞いていた人(その人は房総のランの愛好家団体の会長さんだったようです。)が、わざわざ家へ案内してくれて、ルビーの分け株を譲ってくれたのです。ラン好きな人はラン好きな人の気持ちが分かるのですね。感謝しかありませんでした。花が咲くまで5年ぐらいかかりました。やっと手に入れ、花を見られるようになったルビーだったのですが、そのうちクリスマスローズやバラに夢中になり、ランの世話がおろそかになり、花が咲かなくなってしまいました。ルビーの花を見るのは、5年ぶりぐらいです。花は以前より小さくなりましたが、よく生きていてくれたと謝るばかりです。

☆☆☆ コチョウランの仲間 ☆☆☆

↑ 大輪コチョウラン    ↓ ミディコチョウラン

↑ ↓ ミディコチョウラン

↑ ↓ ミニコチョウラン

↑ ↓ ミニコチョウラン

↑ ミニコチョウラン(三蝶咲き) ランの花は外側の3枚がガクで、内側の3枚が花弁で、うち1枚は唇のような形をしていて、リップと言い、他の2枚とは形が異なります。このコチョウランは花弁が3枚とも同じような形をしています。東洋ランで言う三蝶咲きです。

☆☆☆ デンドロビュームの仲間 ☆☆☆

↑ ウシタエ(フィリピンに自生しているそうです。)

 初夏はパープラタが花盛りのころなのですが、今年はつぼみをもっているものが少ないので、期待はできないと思います。ちょっと寂しいです。

 

 コロナ感染者がやっと減ってきたと実感できるようになりました。それでもまだ、第6波が急拡大した1月の半ばごろの数です。このまま順調に減少していくことを願っています。

 

初夏の庭 2

 今、まつこの庭はバラやクレマチス、カンパニュラやジギタリスなどの宿根草、春に花を咲かせた花木の赤い実などでにぎやかです。オルラヤがまだ白い花を咲かせています。今年はいつになく花期が長いように思います。

左からギボウシ寒河江、ピンクと白のアスチルベ、ミニバラ・ベビーフォラック、向こう側のミニバラはツルバラ・安曇野

手前の緑色の葉と花はユーホルビア、紫色はバーベナ、黄色の花はバラ・サハラ’98

↑ ユーホルビア

ピンクの花はバラ・クイーンエリザベス、紫色の丸いものはギガンチューム、バラとギガンチュームの間のピンクの小花はクラウンベッチ

↑ ギガンチューム  ↓ クラウンベッチ

手前はカンパニュラ、すぐ後ろはバラ・カクテル、後ろの背の高い木はスモークツリー

↑ ↓ ジギタリス

私の庭ではジギタリスなど初夏に咲く宿根草は地植えでは冬越し出来ない(湿気が多く土が凍り付く)ので、鉢植えにして軒下で冬越し、春に地植えにします。したがって株がしっかり育たたないので、花茎は1本ぐらいで開花してしまい寂しいのです。しかしこのピンク色のジギタリスはこぼれ種から発芽し、奇跡的に地植えで冬越しできたので、大株に育ち、私の背丈ぐらいに花茎が10本もあがり、見事に咲きました。

↑ カンパニュラ  ↓ ホタルブクロ

↑ シラン   ↓ ニゲラ

↑ ↓ ニゲラ

ニゲラの花にも一重咲きと八重咲きがあることを知りました。花友が「このニゲラ、変わっている。」と言うので、よくよく見たら咲き方が違うんですね。水色の花のニゲラはこぼれ種から咲いたもので、一重咲きは苗を買って植えたものです。八重咲きの方が一般的かもしれませんね。

↑ ベニバナバイカウツギ・マギシェン  ↓ ハコネウツギ

ハコネウツギは咲きはじめは白、ピンク、赤と咲き進みます。3色の咲き分けのようです。

↑ クロバナロウバイ・ホワイトドレス  ↓ カルミア

↑ 竹藪に自生しているテイカカズラ  ↓ ピンク花テイカカズラ

園芸種のハツユキカズラやオウゴンニシキもテイカカズラの斑入り種です。花はめったに見られないそうです。私の庭にもたくさんありますが、まだ見たことはありません。

↑ ロニセラ・ドロップモアスカーレット   ↓ ロニセラ・グラハムトーマス

ロニセラはハニーサックルと表記されることもありますが、どう違うのか気になるところです。ロニセラは学名、ハニーサックルは英名なのだそうです。

↑ ↓ スイカズラ(ニンドウ)

花は咲き始めは白ですが、やがて黄色になります。とても良い香りがします。英名はgolden and silver flower honeysuckle,  Japanese honeysuckle  で、金銀ハニーサックル、日本のハニーサックルと言うことです。白と黄色の花が同時に見られるので、金銀とはよく名付けたものです。斑入りのキフスイカズラはよく寄せ植えの材料に使われます。

 

↑ ヘビイチゴ  ↓ ビックリグミ

↑ ↓ ジューンベリー

 たくさんあった福神草の植え付けがやっと終わりました。例年より植え付けが遅れたので、発泡スチロールの箱の中で、芽が10㎝近くのびていたものもありました。5月の半ばに植え付けた福神草からは芽が出始めました。5月の初めに植え付けても芽が出るのは5月終わり頃から6月初め頃ですから、遅く植え付けてもそれほどの違いはないようです。

 これからまつこの庭はアジサイの季節へと変わっていきます。