まつこの庭

私の庭に咲いている花や庭にやってくる鳥や虫たちのことを記録していこうと思います

秋の木の実・草の実

台風19号が去って5日目です。直後には分からなかった被害が日が経つにつれ明らかになってきました。今回の台風は大雨を各地に降らせ、川の氾濫を引き起こし、予想をはるかに超えた大災害になってしまったようです。私の住む茨城県も久慈川や那珂川が氾濫…

コルチカム

コルチカムの花が咲きました。今の時期あちこちの庭先で見かけます。 ピンク色がかった紫色のきれいな花です。 コルチカムはヨーロッパ、中東、北アフリカ地中海沿岸に自生しています。春に咲くクロッカスの花に似ていて秋に咲くので、オータムクロッカスの…

クイーンネックレスとつる植物

台風19号が各地に大きな爪痕を残して去りました。上陸する前から15号台風並みかそれ以上の超大型台風と言われていたので、覚悟を決めてあれこれと準備をしました。庭の花も室内や物置小屋に取り込めるものは取り込み、取り込めない背の高い植物は支柱を…

埼玉のダリア園 2

前回は埼玉のダリア園で見て来た大輪、中輪・小輪のデコラ咲き(八重咲き)の紹介でしたが、今回はカクタス咲き、ポンポン咲き、コレット咲き、オーキッド咲き、2色咲き、絞り咲きなどを紹介します。 <カクタス咲き> 花弁が細く、幅も様々、大輪、中輪、…

埼玉のダリア園 1

また大型台風が来ているので、ちょっと心配です。台風の来る前にと、埼玉にある両神山麓・花の郷・ダリア園に行って来ました。私の家から北関東道を通って約200㎞3時間半ぐらいかかりました。花園インターを降りてからもかなりの距離がありました。 ダリ…

ミナロバータとその仲間

ミナロバータが咲き始めました。 あまり聞き慣れない名前で、あまり見慣れない花だと思いますが、これでもヒルガオ科のアサガオの仲間です。細長い袋状の花が連なって穂状の花を咲かせます。ラッパ状の花を咲かせるアサガオとは全く花姿が違います。咲き始め…

秋の花 1

キンモクセイの香りが辺りに漂うようになると、秋の深まりを感じます。 キンモクセイは、オレンジ色の小さな花がびっしりと付き、強い香りを発しています。キンモクセイは中国原産で、雌雄異株ですが、日本には雄株のみしか渡来していないそうです。従って、…

巾着田のヒガンバナ

埼玉県にある巾着田のヒガンバナを見に行って来ました。12,3年ぐらい前に一度訪れた事があり、今回は2度目です。前回は常磐、外環、関越自動車道を通って行きましたが、今回は圏央道が開通したので、比較的早く行くことが出来ました。 巾着田のヒガンバ…

まつこの庭のお客さん

まつこの庭は奥まった所にあるので、時々道に迷った車や迷い人が訪れます。「迷子になったから珍しいお花が見られてよかった。」と言って帰る人もいます。宗教の勧誘で立ち寄ったことがきっかけでまつこの庭のファンになり、定期的に訪れるおじさんもいます…

コチョウラン

台風15号の傷が癒えないうちに台風17号がやってきて、また災害をもたらしました。台風の進路からは一番遠いと思われる私の地域でも風が強く、あわててコリウスを避難させました。背の高い植物はまた倒れてしまいました。9月も半ばを過ぎましたが、まだ…

まだまだ元気な夏の花

お彼岸に入りました。セミの鳴き声も大部静かになり、秋の花が咲き始め、すっかり秋らしくなってきましたが、夏の花はまだまだ元気です。 ↑ 福神草(フクジンソウ) ↓ 斑入りカンナ ↑ 大輪アサガオ・平安の香り ↓ チョウマメ(バタフライピー) 種を蒔くのが…

初秋のバラ

9月も半ばを過ぎると、朝夕涼しくなり、すっかり秋らしさを感じるようになりました。昔から「暑さ、寒さは彼岸まで」とはよく言ったものです。 仕事が間に合わずにつる草にすっかりおおわれてしまった「まつこの庭」ですが、ぽつりぽつりとバラが花を咲かせ…

カリブラコアとミニペチュニア

初夏から晩秋まで私の家の玄関前をコリウスと共に飾ってくれるのは、カリブラコアやミニペチュニアの花です。 カリブラコアはペチュニアによく似た花径2~3㎝の小さな花を長期間咲かせ続けます。南アメリカの温帯地域原産で、ペチュニアと同じナス科の植物…

初秋の山野草

昼間はミンミンゼミやツクツクホウシがうるさく鳴いていますが、夜になるとコオロギや鈴虫が鳴き、さすがに秋らしさを感じるようになりました。 「まつこの庭」は夏の花がまだまだ元気に咲いていますが、秋の花も咲き出しました。 ↑ 秋海棠(シュウカイドウ…

玄関前のコリウス

「記録的暴風」とか「一瞬で世界が変わる」とか言われた台風15号は、関東地方に大きな爪痕を残しました。台風一過の猛暑に停電が追い打ちをかけ、被災地の方は大変な生活を強いられていると思います。一日も早く元の生活に戻れることを願うばかりです。私…

ヒガンバナ

9月になっても日中は暑いですが、朝夕は涼しさを感じるようになりました。 台風が関東を直撃するような予報なので、ちょっと心配です。 私の庭のヒガンバナは例年なら8月の終わりには咲き始めるのですが、今年は少し遅れて9月になってから咲き始めました…

タマノカンザシ

例年お盆過ぎから咲き始めるタマノカンザシが、今年は9月に入ってからやっと咲き始めました。辺りに強い香りを漂わせています。 私の庭のタマノカンザシは八重咲きです。純白の花で花の元から先まで約13㎝、花径は約10㎝もある大きな花を咲かせます。香…

マツバボタンとポーチュラカ

子どもの頃の夏の花と言うと、マツバボタンとホウセンカが思い出されます。最近はどちらも見かけなくなったような気がします。 今春花木センターでマツバボタンを見かけ、購入して寄せ植えにしてみました。 色も赤、白、オレンジ、黄色、ピンクとカラフルに…

晩夏のまつこの庭

今の時期、毎年のように西日本を豪雨が襲います。今年もまた北九州の方が豪雨被害に遭われました。温暖化の影響で降る雨の量が想定をはるかに超え、とんでもない被害をもたらしたようです。一日も早く復興し、日常の生活に戻ることが出来るようただ願うばか…

ギャザリング・築山御苔(つきやまみごけ)

2カ月に1度ギャザリング教室があります。6月は先生の都合でお休みでしたが、今回9回目の教室がありました。 ギャザリングというのは、根の付いた花苗の土を落として小さな花束にし、そのいくつかの花束を土の代わりのベラボン(ヤシの実のチップ)に植え…

タイタンビカスとフヨウ

タイタンビカスはあまり聞きなれない花だと思いますが、フヨウの花(中国・日本原産)にそっくりです。私は初めハイビスカスに語感が似ている所があるので、タイタンビカスはハイビスカスとフヨウの交配種かなと思っていました。 ↑ タイタンビカス・ブライト…

夏の花(5)

8月ももうすぐ終わり。猛暑も一段落し、朝夕涼しくなり、しのぎやすくなってきました。梅雨が長かったせいか、ミンミンゼミが鳴きだしたのはお盆のちょっと前、ツクツクホウシやクマゼミはお盆を過ぎてからでした。セミにとっては本当に短い夏を惜しむかの…

変化アサガオ

今年も佐倉にある国立歴史民俗博物館・くらしの植物苑へ変化アサガオを見に行って来ました。変わった花、珍しい花大好きの私は、飽きもせず3年連続のお花見です。 くらしの植物苑の企画「伝統の朝顔」は、1999年に始まり、今年20周年記念だそうです。…

2度目のホヤ・サクラランの花

6月に咲いたホヤ・カルノーサが2度目の花を咲かせました。 カルノーサはホヤの1つの品種で、花径1,5㎝位の小さな花が20~30個集まって、7~8㎝位の半球形の花を形作っています。サクラのような色の花を咲かせるので、別名サクラランの名がありま…

夏のラン 2

やっとミンミンゼミが鳴き始めました。例年より1か月ぐらい遅いような気がします。 今年も台風がお盆の時期にやって来て、交通機関は計画運休とかで、お盆休みの帰省客を困惑させているようです。とにかく被害が大きくならない事を願うだけです。 今回は7…

カラスウリの花

今年も「まつこの庭」では沢山のカラスウリの花が咲きました。カラスウリの赤い実はよく見かけますが、花はなかなか見る機会がないと思います。 カラスウリの花は日没後の7時ごろから花を開き、翌朝には花を閉じてしまいます。レースのような花弁を広げると…

真夏のバラ

立秋を過ぎたというのに、ミンミンゼミの鳴き声を聞かないことに気付きました。例年なら梅雨が明け、子どもたちの夏休みが始まる頃には鳴き始めるような気がしていたのですが、今年はどうしたのでしょう。異常気象の影響でしょうか? ここ2週間位連日猛暑が…

ムクゲとハイビスカス

夏の花木を代表するものとしてムクゲとハイビスカスがありますが、似た様な花を付けます。今「まつこの庭」ではムクゲとハイビスカスが盛りを迎えています。 ↑ ムクゲ ↓ ハイビスカス どちらもアオイ科の植物で同じフヨウ属に属します。花弁は5枚で真ん中に…

8月の玄関前

毎日猛暑が続いています。台風がまたやって来るそうなので、心配です。直撃するようなら、台風対策をしなければなりません。玄関前のたくさんのプランター植えの花たちを避難させなければならないからです。 今の玄関前の様子です。 自分でも呆れるほどたく…

夏の花(4)

今日から8月です。昨年より1か月も遅れて梅雨明けしたと思ったら、低温で多雨の長かった梅雨から夏を取り戻すかのように、連日猛暑が続きます。あと1週間もすれば立秋、暦の上では秋になってしまいます。今年は残暑が厳しいのでしょうか? 「まつこの庭」…