まつこの庭

私の庭に咲いている花や庭にやってくる鳥や虫たちのことを記録していこうと思います

エキナセアとルドベキア

今日7月7日は、二十四節気の一つ小暑です。いよいよ暑さが本格的になるころという意味です。小暑から立秋までを暑中と言い、暑中見舞いを出す時期になります。梅雨明けから出すのが一般的のようです。梅雨明けが近づく時期ですが、梅雨末期は梅雨前線の活…

ホヤ・カーリー

九州地方では、豪雨になり、災害が起きているようです。東京では、連日コロナ感染者が100人を超え、再び感染拡大が危惧されています。今年も折り返しの時期になりましたが、前半はコロナで終わってしまった様な気がしますが、後半はコロナと自然災害との…

今日は半夏生

今日から7月です。 今日7月1日は、雑節(日本独自の農事暦)の一つ半夏生(はんげしょう)です。 半夏生は、夏至の日から数えて11日目を言い、今年の夏至は6月21日だったので、今日が半夏生になります。半夏生は、梅雨明け間近の頃を示し、農業中心…

初夏のラン 2

6月最後は、まつこの庭の温室で6月に咲いた初夏のランです。 <カトレアの仲間> ↑ パープラタ ↓ パープラタ・ワークハーゼリー パープラタはブラジル南部の海岸沿いに自生しています。初夏に咲くランの代表選手です。リップと言われる唇弁の部分の色のバ…

アジサイ

梅雨というとアジサイを連想するぐらい、この時期はアジサイが盛りで、あちこちで見かけます。昨年はあじさい寺と言われるお寺のアジサイを見に出かけたのですが、今年はコロナのことがあるので、出かけないことにしています。 まつこの庭でも今アジサイが真…

ヘメロカリス

今は梅雨の時期ですが、晴れると真夏のように暑くなり、雨が降ると梅雨寒という言葉がぴったりな肌寒い日になります。梅雨というと湿度が高くムシムシするイメージがありましたが、最近は梅雨時に豪雨災害が起こることもあり、梅雨のイメージが変わりつつあ…

カールドンが咲いてしまいました ❣❣

まだ6月だというのに、カールドンが咲いてしまいました。例年7月の半ばごろに咲きます。つぼみが早くから見えていたので、今年は早いなとは思っていましたが、3週間近く早く開花してしまいました。 カールドンはこんな花です。 ジャンボアザミと思ってく…

ギャザリング教室

前回ブログを更新してから、ぎっくり腰になり動けなくなってしまい、寝たきり状態でした。庭に出ることはもちろんブログ更新さえままならず、ただ静かにしているほかありませんでした。自粛、自粛で庭仕事ばかりしていたので、疲れが出た様です。 よくなって…

ギボウシ(ホスタ)

梅雨に入り2日ほど雨が続き、庭に出ないでいたら、雑草や福神草、真竹(マダケ)の竹の子が伸びているのにビックリ。雨が止んでいるうちにと竹の子を折ったり、ドクダミを抜いたり、花の写真を撮ったりしました。 今回は、今から花の時期を迎えるギボウシで…

初夏の草花 3

関東地方が梅雨入りしました。平年より3日遅く、昨年より4日遅いそうです。これから災害のシーズンを迎えますが、今年はコロナと共存しながらの避難になりそうで、避難所の設置に自治体は苦慮しているようです。 私の住む茨城はコロナ感染者0の日が1か月…

ペチュニアとカリブラコア

初夏から晩秋までまつこの庭の玄関前をコリウスと共に彩ってくれるのが、ペチュニアやカリブラコアです。開花期間が長く、色や咲き方が豊富なので、毎年玄関前に飾るようにしています。 ペチュニアとカリブラコアは比較的雨に強いと言われる種類を選んではい…

初夏の草花 2

昨日は夕方から雨の予報でしたが、降りませんでした。予報を信じて軒下しか水をかけなかったので、プランターや鉢は乾きがひどく、今日はしっかりと水かけをしました。夏になると水かけが大変で、プランターや鉢植えを減らそうと思うのですが、喉元過ぎれば…

遅咲きのバラ

今日は30℃を越え、真夏日となりました。このところ雨が降らないので、土の乾きが早く、花の水かけに2時間もかかりました。これからの時期は雨が降らない限り、水かけが日課になると思います。 私の庭はバラのシーズンも終盤を迎え、遅咲きのバラが咲いて…

6月の玄関前

6月になってやっとアベノマスクが届きました。第一印象は「小さい!」、2枚入り1袋だったので、「あれ?配達間違い?」とも思いました。1人当たり2枚と勝手に思い込んでいたからです。袋の説明を読むと1住所当たり1袋ということなので、「誰がこのマ…

初夏のラン

コロナ騒動が始まってから4ヶ月が経とうとしています。季節は冬から春へ、そして夏を迎えてしまいました。花はコロナに関係なく季節に合わせて花を咲かせています。それが今一番の心の慰めになっています。 5月最後は、まつこの庭の温室で5月に咲いた洋ラ…

ホヤ・カルノーサの仲間

コロナの緊急事態が全面解除されたばかりだというのに、もう第2波の心配が出て来ました。私の住む茨城は感染者0が23日間続いていますが、北九州市の二の舞にならぬよう気を引き締めて行こうと思っています。 私の温室では、ホヤ・サクラランの第3波(?…

ツルバラとミニバラ

今、まつこの庭はツルバラが盛りですが、そのほとんどが小輪です。以前は中輪や大輪のツルバラもあったのですが枯れてしまい、残ったのはピエール・ドゥ・ロンサールだけです。そのピエールもここ2,3年は1番花は花がきれいに咲かず、2番花の方がきれいに…

初夏の草花

真夏のような天気が続いたと思ったら、曇りや小雨で4月並みの天気が続き、今日はやっと太陽の顔が見られました。コロナも感染者数が日に日に減り、収束が見えて来たような感じがします。インドやアメリカでは豪雨で大洪水になり、コロナの最中にあり、避難…

コンニャクの花

5つの都道県を残して、緊急事態宣言が解除され、少しずつ新しい日常生活が始まりつつあるようです。昨日特別給付金の申請書が届きましたが、先に決まったアベノマスクはまだ届いていません。マスクはもう普通にドラッグストアやスーパーで手に入るようにな…

バラとクレマチス

今、まつこの庭はバラとクレマチスが真っ盛りです。例年なら花友が見に訪れるのですが、今年はコロナの影響で訪れる人もなくちょっと寂しいです。 バラはツルバラの群星(グンセイ)が一番の盛りです。群星はつぼみのうちは赤ですが、開花すると白くなります…

ダッチアイリスとジャーマンアイリス

私の住む茨城は緊急事態宣言が解除されました。茨城は感染者0が昨日で12日間続きましたが、私は5月いっぱいぐらいは自粛生活を続けようと思います。スーパーも土日を除き、週に2回という基本を崩さないつもりです。ホームセンターやガーデンセンターも…

銀竜草(ギンリョウソウ)が今年も咲きました ❣❣

5月の連休が終わるとタケノコ掘りの業者は引き揚げます。その頃からが1番タケノコが出るようになるのですが、タケノコの値段が下がり、商売にならないからです。そうなると竹林から庭に侵入してくるタケノコ退治が始まります。週に100本、200本と折…

原種のバラ

昨日、3カ月に1回の定期健診に病院へ行って来ました。コロナの感染リスクが高いと言われながらも、持病のある身としては薬を貰うのに避けては通れません。茨城はこのところ感染者0の日が続いているので、思い切って出かけました。駐車場は一杯でしたが、…

初夏のまつこの庭

今日は真夏のように暑かったです。暦の上では夏ですから、無理もありません。沖縄は梅雨に入ったそうです。 今、まつこの庭は春から夏へと植物が入れ替わる時期で、勢いを増した雑草と共に春や夏のさまざまな草花が咲き乱れています。連休中楽しめたオーニソ…

ホヤがまた咲きました ❣❣

私の住む茨城はここ3日続けてコロナウイルス感染者が出ていません。この調子なら・・・・・と期待してしまいます。しかし気を緩めることがまた感染を拡大することに繋がるので、これまで通りの生活を続けようと思います。 今回は、まつこの庭の温室で咲いて…

クローバーの仲間

5月6日までだった緊急事態宣言が5月いっぱい延期になりました。まだまだ外出自粛が続きそうです。庭の花はコロナに関係なく次々と花を咲かせてくれます。それが今の一番の慰めで、楽しみです。今日は雨、連日夏のような天気が続いたので、花にとっては恵…

バラの季節がやって来ました ❣❣

暖冬暖冬と言われ早めにバラのつぼみは見えたのですが、4月の朝夕の冷え込みのせいでつぼみのまま足踏みをしていました。5月になってから連日6月の様な陽気になったせいか、バラたちが開花を始めました。まだ咲いているのは、2、3輪ですが、やっとバラ…

今日は八十八夜

今日は雑節の一つ八十八夜です。雑節というのは、二十四節気や五節句など中国から伝わった暦では日本の実際の季節には半月位のずれがあるので、日本の生活文化、特に農作業の必要から生まれた日本独自の暦です。 八十八夜は立春から数えて88日目にあたり、…

遅咲きのチューリップ

3月のお彼岸の頃から咲き始めたチューリップですが、早咲き、中咲き、遅咲きと花を繋いできましたが、いよいよチューリップの季節も終わろうとしています。 今回は遅咲きのチューリップです。遅咲きの代表選手はバレリーナでしょう。ユリ咲きのオレンジの濃…

ウワミズザクラ(上溝桜)

この花を見た事がありますか?この花の名前を知っていますか? 白い穂状のブラシの様な花、ケムシみたいと思う人もいるかもしれません。 これは、ウワミズザクラといってサクラの仲間です。近くでみると確かに一つ一つの花は5枚の花弁をもち、桜のように見…